ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

Staff introduction

スタッフ紹介

代表理事

大西 健丞

大西健丞は27歳の頃、
ピースウィンズ・ジャパンを立ち上げ、これまで世界各地の紛争や自然災害の現場で
支援を行ってきました。現在は代表理事として、PWJの活動をリードしています。

ごあいさつ

ピースウィンズ・ジャパンは、1996年に立ち上げた国際NGOです。
団体名の由来は、かつてのイラク・クルディスタンでの経験から、春の訪れを告げ、争いや苦難を忘れさせてくれる「平和の風」のような存在になりたいと思い、「peace winds JAPAN」と名付けました。
当初は3人だったスタッフも、設立から10数年が経ち、10倍以上に増えました。これからも「必要な人びとに、必要な支援を」のモットーを忘れることなく、世界各地で起きる人道危機に対応し、果敢に活動を展開してまいります。今後とも皆さまのご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

代表理事 大西健丞

チーム大西健丞 WEBサイト

略歴

1967年 大阪府にうまれる
1987年 上智大学文学部入学
1991年 上智大学 文学部 新聞学科卒業
1993年 イースト・アングリア大学(イギリス)開発学部 ディプロマ課程修了
1995年 ブラッドフォード大学(イギリス)平和研究学部国際政治・安全保障学修士課程修了
1994年~95年 アジア人権基金 イラク北部担当調整員
1996年 ピースウィンズ ・ ジャパン設立
2000年 ジャパン・プラットフォーム(JPF)設立に参画。
2006年 初の単著「NGO、常在戦場」を出版
国際ボランティア学会 第7回大会の委員長
ダボス ヤング・グローバル・リーダーに選出
2008年 PWJ代表理事に就任
災害即応パートナーズ(現 シビックフォース)発足
2012年11月 アジアパシフィックアライアンス設立
海上自衛隊幹部学校講師(~2015年)
2013年2月 公益社団法人経済同友会の正会員
2015年8月 厚生労働省国際参与に就任
2016年2月 厚生労働省保健医療2035推進参与に就任