fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

Privacy Policy

個人情報保護指針

個人情報保護指針(プライバシー・ポリシー)

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン (以下「PWJ」といいます)は、1996年の設立以来、被災地や紛争地において、人々の生命を守り生活の基本を支えるための緊急人道支援や、人々の自立をめざした復興・開発のための支援を行っています。また、国内外の社会的に弱い立場におかれた生産者の手による製品を正当な価格で買い取る「フェア・トレード(公正な貿易・取引)」、保護犬の飼養・譲渡などの動物愛護、伝統工芸支援や現代アートによる地域振興の活動等にも取り組んでいます。
PWJでは、その活動を円滑かつ有効に遂行するために個人情報を取得・利用等する場合がありますが、その際には、PWJの活動に関わるすべての方々(以下「ご本人」といいます)の個人情報保護が重要な責務であると認識し、その取り扱いに関する個人情報保護方針(以下「本指針」といいます)をここに定めて、個人情報の保護に努めます。

最終改定:2022年7月8日

1、基本方針

・活動を円滑に進める上で個人情報が持つ有用性に配慮しつつも、個人情報の不適切な取扱いによって個人の権利利益が侵害されることを未然に防ぐために、個人情報保護法をはじめとする関係法令等を遵守して、個人情報を適正に取り扱います。
・個人情報の取得、利用にあたっては、その利用目的を明確にして、その範囲内で利用します。利用目的は、あらかじめ公表しておくか、個人情報の取得の際に速やかにご本人に通知し、又は公表します。
・個人情報の漏えい、紛失、改ざん等を防止するため、必要かつ適切な安全管理を行います。従業者・委託先にも安全管理を徹底します。
・個人情報は、法令の定める例外をのぞき、あらかじめご本人に同意を得ることなく、第三者に提供することはいたしません。第三者に提供する場合においても、記録の作成など、法令を遵守します。
・ご本人から個人情報に関する開示等の請求があった場合は、これに対応し、苦情等にも適切・迅速に対応します。
・法令及びその他の規範の最新動向に配慮して、個人情報の保護のために適切な運用がはかれるよう、継続的な改善を行います。

2、個人情報の定義

PWJが保護すべき個人情報とは、個人情報保護法に規定されているとおり、生存する個人に関する情報であって、氏名や生年月日等により特定の個人を識別することができるもの、または他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものをいいます。
具体的には、ご本人の氏名、生年月日、住所、メールアドレス、電話番号、パスポート番号その他、その一つもしくは他の情報と照合することによって、個人を特定することのできる情報のことをいいます。

3、個人情報の取得と利用

PWJは個人情報を、利用目的を明示した上で、利用目的の達成に必要な範囲で、適正・公正に取得及び利用します。
PWJが個人情報の取得を意図し、紙文書やウェプページなどによって、ご本人から個人情報を書面(電磁的記録も含みます)で直接提供いただく場合は、個人情報の利用目的を明示いたします。
前二項の規定にもかかわらず、取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合など、法令で認められている場合は利用目的の明示を省略することがあります。

4、個人情報の利用目的

PWJは、取得の際に別途の目的を明示しない限り、次に掲げる内容を目的として、その利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を利用いたします。
法令で定められた例外的な場合をのぞいて、あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲をこえて個人情報を取り扱うことはありません。

(1)広報関係

PWJへお問合せや資料請求をされる方
①お問合せ等への回答・対応、資料等の送信及びアフターフォローに関連して必要な事務と連絡のため。
②サービスに関する調査・統計分析その他によるPWJの業務向上・改善のため。
広報関連のイベント(オンライン含む)の参加者
①イベントの運営・参加及びアフターフォローに関連して必要な事務と連絡のため。
②サービスに関する調査・統計分析その他によるPWJの業務向上・改善のため。
③PWJの活動報告、寄付の案内その他の情報提供、及び広報活動その他PWJの社会的活動へのご協力依頼のため。

(2)ご寄付関係

寄付者の方(ピースサポーター、ワンだふるサポーター、ワンだふるファミリー、ARROWSサポーター、コーヒーサポーター等の会員を含む。過去に寄付をしてくださった方も含む。)
①寄付の引き落としや領収書の発行、返礼品の発送その他寄付及びアフターフォローに関連して必要な事務と連絡のため。
②サービスに関する調査・統計分析その他によるPWJの業務向上・改善のため。
③PWJの活動報告、寄付の案内その他の情報提供、及び広報活動その他PWJの社会的活動へのご協力依頼のため。

(3)事業・現場関係

訓練や研修への参加者、インターン、ボランティア、登録隊員、共同研究者、協力団体、取引業者等、PWJの活動に協力してくださる方
①対象となる事業活動への参加・協力、事業活動・取引の実施及びアフターフォローに関連して必要な事務と連絡のため。
②事業活動の性質に応じた経費・報酬等の支払いに関連して必要な事務と連絡のため
③PWJの活動報告、寄付の案内その他の情報提供、及び広報活動その他PWJの社会的活動へのご協力依頼のため。
PWJの事業の利用者の方(フェアトレード等の商品の購入者、保護犬の里親希望者等を含む)
①物資や情報、サービス等の提供、商品の配送その他利用される事業活動の実施及びアフターフォローに関連して必要な事務と連絡のため。
②サービスに関する調査・統計分析その他によるPWJの業務向上・改善のため。
③PWJの活動報告、寄付の案内その他の情報提供、及び広報活動その他PWJの社会的活動へのご協力依頼のため。

(4)採用・人事労務・団体運営関係

採用応募者・PWJの職員
①採用における募集・採用・選考等に関連して必要な事務と連絡のため。
②採用後における就労、業務その他関連活動の遂行、雇用・人事管理及び福利厚生等のPWJの業務及び職員に関連して必要な事務と連絡のため。
理事監事・正会員・賛助会員
①PWJの運営・管理、役員の職務及び会員の権利義務に関連して必要な事務と連絡のため。
②PWJの活動報告、寄付の案内その他の情報提供、及び広報活動その他PWJの社会的活動へのご協力依頼のため。

5、要配慮個人情報の取扱い

PWJは、人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪歴、犯罪により被害を被った事実など法令の定める要配慮個人情報は、法令で定められた例外的な場合をのぞき、あらかじめご本人の同意を得ることなく、取得も第三者への提供も行いません。

6、個人情報の安全管理措置

PWJは、取得した個人情報に関する不正なアクセス、漏えい、紛失、及び改ざん等を防止するため、個人データの適切な安全管理の措置を講じます。
■組織的安全管理
PWJは、個人情報管理責任者の設置、社内規程の整備等、組織的な安全管理体制を構築します。
■人的安全管理
PWJは、従業者に対し、個人情報の適切な管理方法についての指導・啓発を行い、日常業務における個人情報の適切な取り扱いを監督します。
■物理的安全管理
PWJは、個人情報等が記載された文書やPC等の紛失や盗難を防ぐ対策、災害等から個人データの滅失を守る対策などを講じます。
■技術的安全管理
PWJは、認証・権限管理・制御・記録等により個人データへのアクセスを管理し、不正ソフトウェア対策やウイルス対策、暗号化をはじめとした移送・送信時の対策などを講じます。
また、ウェブサイトからの個人情報取得にあたってはできるだけ、暗号化技術「SSL」(*1)を用います。
*1 SSL(Secure Socket Layer)とは通信データのやり取りを「暗号化」して、第三者による情報の盗聴、改ざん、なりすましなどを防止するインターネット上で普及している暗号化プロトコルです。

7、匿名加工情報等の取扱い

PWJは、匿名加工情報(個人情報保護法が定める、特定の個人を識別することができず、加工元の個人情報も復元できないように加工された個人に関する情報)や仮名加工情報(他の情報と照合しない限り特定の個人を識別できないように加工された個人に関する情報)を作成するときは、個人情報保護法をはじめとした法令を遵守します。

8、第三者への提供の制限、委託先への提供

PWJは取得した個人情報を第三者に提供する際は、以下の法令が定める例外的な場合を除き、ご本人の承諾を得て行い、また、第三者提供に関する記録等も作成します。
・法令に基づいて提供する場合
・人の生命、身体又は財産の保護に必要がある場合で、ご本人の同意の取得が困難な場合
・個人情報保護法に規定されているご本人又は公共の利益のために必要と考えられる場合
・第三者への提供を利用目的とすること、第三者に提供される個人データの項目・取得の方法、提供の方法、ご本人の求めに応じて第三者提供の停止すること、ご本人の求めを受け付ける方法その他の必要な事項をご本人に通知し、又は容易に知り得る状態に置くとともに、個人情報保護委員会に届け出た場合
前項の第三者への提供に該当しないものとして、PWJは、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することがあります。その際は個人情報の安全管理が図られるよう、委託先の選定に十分配慮し、業務委託先の監督も行います。

9、個人情報に関するご本人からの申出・問い合わせ等

PWJは、ご本人から、当団体の保有する個人データに関する利用目的の通知、開示(第三者提供記録も含む)、訂正・追加・削除、利用の停止・消去、第三者提供の停止等(以下「開示等」といいます)の請求の申出、その他当団体の保有する個人情報に関するお問い合わせを受けた場合は、個人情報保護法その他の法令に規定されている理由がある場合を除き、ご本人であることを確認したうえで、下記の手続にて受け付けます。なお、この受付手続によらない開示等の求めには応じられない場合があります。

(1)受付手続

受付手続の方法は、開示等の申出を受けた段階で、PWJがご本人であることを確認したうえで、原則としてご本人が請求した方法により回答します。なお、当該方法による開示に多額の費用を要する場合その他当該方法による開示が困難な場合は文書を交付して開示します。
ご本人の確認は、個人番号カード、運転免許証、パスポートの提示のほか、PWJが指定する適切な方法に従って行います。
なお、開示等の申出に対応するために、PWJに生じた費用については、ご本人に実費相当額の手数料のお支払いをお願いします。

(2)受付・対応窓口

PWJは、ご本人からの個人情報に関する開示等の申出・問い合わせ、及び個人情報の取扱いに関する苦情・相談についての受付・対応窓口を次のとおり設けます。

【受付・対応窓口】
特定非営利活動法人ピース ウィンズ・ジャパン コミュニケーション部
〒720-1622 広島県神石郡神石高原町近田 1161-2 2F
TEL: 0847-89-0887 FAX: 0847-82-2949
受付時間:当団体の通常業務日の業務時間内

10、法令等の遵守

PWJは、個人情報保護のための関連法令およびその他の規範を誠実に遵守します。

11、個人情報保護指針の見直し

PWJは、本指針を常に見直し、個人情報の取扱いや管理をより良いものにしていきます。

12、クッキー等の利用

PWJでは、PWJの様々な社会的活動や広報活動を適切に実施・改善し、PWJに関わる方々の利便性を向上すること等を目的として、「クッキー(Cookie)」(*2)、その他第三者によるシステムを利用することがあります。しかし、PWJは、正当な理由のない限り、その利用によって、個人を特定することはいたしません。
なお、PWJのウェブサイトには、ヤフー株式会社をはじめとする第三者(以下「当該第三者」といいます。)から配信される広告が掲載される場合があるため、これに関連して、当該第三者がPWJのウェブサイトを閲覧した方のクッキー情報を取得して、利用する場合があります。なお、当該第三者によって取得されたクッキー情報は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われますので、ご留意ください。
ご本人のブラウザ(インターネット閲覧ソフト)の設定によって、事前にクッキー使用サイトであることを表示したり、クッキーを無効化したり保存済みのクッキーの削除をしたりすることができます。ただし、クッキーの利用を拒否したり削除したりした場合には、ウェブサイト使用の際の機能に制限がかかる場合があります。クッキー等の使用を希望されない方は、ご使用のブラウザ(インターネット閲覧ソフト)の設定をご変更されるなどしてご対応ください。
・Yahoo! JAPANが配信する広告などへのパーソナルデータの利用については、こちらから設定が可能です。
https://btoptout.yahoo.co.jp/optout/index.html
・グーグルで表示される広告については、こちらから設定が可能です。 https://support.google.com/ads/answer/2662856?hl=ja

*2 クッキーとは、ウェブサイトを閲覧した際、ウェブサーバから閲覧者(ユーザー)のブラウザに送信され、閲覧者が使用しているコンピュータのハードディスクに蓄積される、過去の閲覧等に関する情報のファイルです。閲覧者が同じウェブサーバに再度アクセスした際に、それを認識し、画面の表示をお客様ごとに変更したり、お客様ごとに広告の表示を変えたりできるようになります。

13、EEAからの東京マラソン参加者・参加ご希望の方の個人情報について

PWJを寄付先とするチャリティランナーとして東京マラソンに参加される方や同ランナーとして参加を希望される方について、一般財団法人東京マラソン財団から個人情報を提供されたときは、本プライバシーポリシーに追加して、「欧州経済領域(EEA)から東京マラソンに参加されるチャリティランナーの方に関する追加のプライバシーポリシー」に従った取り扱いをします。

14、制定・改訂履歴

2004年4月28日制定
2012年3月12日改定(第1項として当団体としての基本方針を明確化し、第4項に個人情報の一般的な利用目的を、第8項に個人情報に関する申出・問い合わせ等の受付手続等を明記する等の一部改定を実施)
2022年7月8日改定(法改正と東京マラソン財団からの要請に対応し、構成も整理しました)

個人情報取扱事業者の氏名又は名称及び住所

住所:〒720-1622 広島県神石郡神石高原町近田 1161-2 2F
名称:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
代表者:代表理事 大西健丞