fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2020.3.27

【南スーダン】ゴンドコロでの給水衛生支援

南スーダン 海外人道支援

PWJの南スーダン事業地の一つである中央エクアトリア州ゴンドコロ郡は、首都ジュバから約22.8km東に位置し、町の中心部までは車で約1時間の距離にあります。南スーダン独立前の2008年の国勢調査によると、ゴンドコロの人口は6,522人(男性3,205人、女性3,317人)でしたが、ゴンドコロ郡政府の職員によると、紛争により人口の約60%の人々はナイル川に浮かぶゴンドコロ島に逃れ、現在も島での暮らしを続けています。

ナイル川をゴンドコロ島に向かって移動する小舟

ゴンドコロ島内の給水衛生施設は不足しており、衛生環境が劣悪だったために2017年にはコレラが流行し、島で暮らす多くの人々が命を失っています。ナイル川は近隣住民の不当なごみの廃棄などにより汚染されていますが、島で暮らす人々の多くは不衛生だと知りつつも川の水を飲料水や生活用水として使用せざるを得ない状況です。また、島の人口の約4分の3が川や茂みで屋外排泄を行っているとされ、こうした不衛生な川の水を使用し、囲いのない屋外で体を洗っています。この結果、下痢の症状を訴える島民も多くいます。

ナイル川に浮かぶゴンドコロ島で島の人々をとりまく劣悪な衛生環境を改善すべく、PWJはゴンドコロ島での衛生普及活動を行っています。PWJの研修を受けた16人の衛生普及員が各家庭を訪問し、トイレの重要性や効率的な手洗いの仕方などを伝え、基本的な衛生知識の普及を促しています。

ゴンドコロ郡で活動する衛生普及員

 

また、PWJは一度ゴンドコロ島部に避難した人々がゴンドコロ郡本土側に帰還する際、安全な給水衛生環境で生活ができるよう、ゴンドコロ本土での井戸の建設や修理、小学校用や家庭用のトイレ建設などの活動も行っています。聖ドミニク小学校では、全20基のトイレを建設中で、完成後には600人以上の児童の衛生環境が改善され、これまでトイレの不足が原因で月経期間中に学校に通うことが困難であった月経期の女子児童たちの就学率の向上も期待されています。

PWJは、ゴンドコロ島で暮らす人々をはじめ、紛争の影響を受けた南スーダンの人々の生活環境改善のために、今後も活動を続けてまいります。

 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「南スーダン事業支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について