ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2012.8.27

【フィリピン洪水支援】緊急支援物資の配布を開始しました

フィリピン 海外人道支援

フィリピン共和国で、2012年8月6日~9日にかけて続いた豪雨により洪水被害を受けている被災者を支援するため、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、ジャパン・プラットフォームから資金提供を受け、スタッフを派遣し、現地NGOのCDRCと連携して緊急支援物資を配布しています。
▼2012.8.16【フィリピン洪水支援】支援実施に向け、スタッフ派遣へ
https://peace-winds.org/jp/news/archives/120816_1300.html
▼2012.8.23【フィリピン洪水支援】緊急支援物資の配布に向け、住民と共に
https://peace-winds.org/jp/news/archives/120823_1000.html

CIMG1163.JPG

支援物資を受け取りに来た人びと
3.JPG
袋詰めした緊急支援物資

8/24(金)、マニラから車で6時間ほど北上したザンバル州インホボ地域で緊急支援物資を配布しました。
この地域の水位は、最高で腰ほどの高さになりました。泥かきや家の修復作業は、つい最近まで行われていたそうです。
ここでは、約8000世帯が住んでおり、多くの世帯が漁師として生計を立てています。
今年の2月末頃、約250世帯の住民が家や船を失う火事による被災から、生活再建へ動き出していたところに、今回の台風による洪水被害が発生し、二重の被災に苦しんでいます。
今も、悪天候が続いており、漁にでることができず、収入は入ってきません。
アイサさん(24才)も、被害を受けた漁師の妻です。2歳の息子ジョアクインくんを連れて、PWJの緊急支援物資を受け取りに来ました。 
「火事で船も家もなくしてしまい、わずかな家財道具も今回の洪水で失ってしまいました。夫は船の修復を手伝ったりしていますが、漁にでることができず、収入がほとんどないので、食料を買うことも難しい状態です。でも今日はこのお米でおいしいご飯がつくれます。」と話してくれました。

CIMG1163.JPG
被災状況について住民と話すPWJポーマン

PWJは、8月29日まで現地で活動し、緊急支援物資を必要としている人びとへ届けてまいります。
▼現地での活動フォトアルバムはこちらから
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.504688156211679.137730.198939360119895&type=3

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について