fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2020.9.16

【ケニア】若者グループが ISSB技術を使って住宅景観を変える Part 2 ~ホルムッドユースグループの経験~

ケニア 海外人道支援

ピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)ダダーブ事務所では、ISSB(連結型圧縮土ブロック、以下ISSB)の製造・建設技術研修を受けてきた若者グループがISSB市場拡大に向けたマーケティング活動を行い、自分たちで注文を受け収入につなげていくための支援を行っています。
ダダーブ事務所のスタッフ、イブラヒムが行った、計8つある若者グループへの研修後訪問レポート第2弾は、ホルムッドユースグループをご紹介します。(Part1ダダーブスターへの訪問レポートはこちらをご覧ください

ホルムッドユースグループは、難民局(Refugees Affairs Secretariat: RAS)ダダーブ事務所で働いているスレイマン・ディス氏から注文を受けました。彼は以前、Danish Refugee Council(DRC)と契約し、ダダーブ難民キャンプのIFO 2キャンプにあるムワンガザ小学校向けに、ISSBを使用して、教室3室、キッチン1室、トイレ5棟を建設した経験があります。その際に建設で残ったブロックを使用して、キオスク(コンビニ)の建設に必要な新しいISSBブロックを製造することが彼からの依頼でした。
スレイマン氏は、なぜISSB技術を使用することにしたのかについて「ISSBが魅力的で、ユニークな壁材であることを知っていたので、ISSBを見てお客さんも私のキオスクに来てくれるのではないかと思い、この技術を使用してキオスクを建設することにしました。

また、ムワンガザ小学校におけるISSB技術を用いた建設の経験もあります。この若者たち(ホルムッドユースグループ)を訪問した時に、彼らが質の高いISSBを製造していることを知り、コミュニティの失業中の若者に仕事を与える意味も含めて彼らにキオスクの建設を頼みたいと思いました。これからも、コミュニティが若者の雇用を創出するためにISSBを建設に使用することを奨励したいと思います」と語ってくれました。経験豊富な建設請負業者であり、忙しいスケジュールにも関わらず、スレイマン氏は数時間も割いて、若者の成長とISSBの発展のため、ブロック製造現場の確認も行っていました。
 


ホルムッドユースグループによって製造されたISSB

 

ホルムッドユースグループのNasra Ibrahimさんは、良い職人になること、そしてビジネス研修も受講しリーダーシップスキルを学んだこともあり、グループのリーダーとして活躍することを楽しみにしています。彼女の夢は、ホルムッドユースグループをケニアのISSBの製造と建設で優れた会社の1つにすることで、次のように語ってくれました。「ここは、ISSBの主成分である良い赤土に恵まれており、私たちは建設とマーケティングの訓練を受けており、生活に変化をもたらすために一生懸命働く準備ができています。成功しなければ(現状を)誰のせいにもできません。プロジェクトに懸命に取り組むことで、他のメンバーも目標を達成し、生活を改善できるようにできたらと思います。近い将来、私たちの成功が伝われば、より多くの若者が参加し、また彼らが麻薬や不良行為に誘惑されるのを防ぐことに貢献できると思います」
 


ISSB製造場所におけるインタビューの様子(左がPWJスタッフ、右がNasra Ibrahimさん)
 

PWJスタッフ(左)とホルムッドユースグループの若者とのインタビュー

 

若者向け活動に関するPWJの今後の展望
今後数か月以内に、PWJは、ホルムッドユースグループ含む4つの若者グループと契約し、ダダーブ/ファフィ副郡でISSB技術を用い、教室2室と学校塀1つを建設する予定です。これらの若者グループは、ガリッサ郡政府からISSBの認定を既に取得しており、建設工事の導入研修も既に受講済みで、今後大きなプロジェクトを独立して行う準備ができています。ISSBの若者グループは、低コストでありながら非常に耐久性があるISSB技術を用い、ゆっくりとしかし着実に住宅の景観を変えていっています。私たちPWJは、今後も、若者グループに技術的なアドバイスを提供し、ビジネス基盤を強化しながら、彼らがこの地域で利益を上げられるようなビジネスを実施できるよう支援していきます。

PWJダダーブ事務所 
プログラムマネージャー エヴァンス
フィールドアシスタント イブラヒム

※本事業は、外務省NGO連携無償資金の助成金や皆さまのご寄付により実施しています。

 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「ケニア事業支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について