ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2020.2.19

【ケニア】良質な住宅を建設するために~建設委員会向け研修の実施~

ケニア 海外人道支援

ケニア北西部のカクマに2019年8月から駐在している相島です。私たちピースウィンズ・ジャパン(以下、PWJ)は、カクマから車で20分の距離にあるカロベエイ難民居住地区で、現金給付型支援(CBI:Cash Based Intervention)の仕組みを用いた恒久住宅建設支援を行っています。この支援では現金給付を受けた難民自身が資材調達や職人の雇用などを行います。各地域の難民は建設委員会を結成し、委員会がコミュニティを代表して業者との交渉や一斉調達、世帯間の調整等を担うことで建設の効率化を図っています。11月下旬、PWJは二日間にわたり、建設をリードすることになる建設委員会に向けて研修を行いました。

一日目の研修では、主に建設技術に関する説明をしました。過去の現金給付型支援の仕組みを用いた支援では、職人による手抜き工事や、資材調達を請け負う会社が基準に満たない悪質な資材を供給するといった例が見られました。もちろんこうした事例では職人や業者側に非がありますが、施工不良を事前に避けるためには、難民が建設技術や工程について理解していることが必要不可欠です。特に、建設委員会は施工不良などの問題が発生した際に地域を代表して業者と交渉することになります。そのため、PWJはこれまでによく見受けられた施工不良の事例や、工事に問題が見つかった際にどのように対処するべきかなどを具体的に説明しました。また、質の高い建設済みの住宅を見学するバスツアーを実施し、参加者は興味津々で多くの質問をしていました。

一日目の技術研修の様子
バスツアー。参加者は熱心に屋根の施工に関する説明を聞いています

二日目には、リーダーシップやプロジェクトマネジメントといったスキルに重点を置いた研修を行いました。建設委員会は各地域での建設をリードすることになるため、建設技術や工程に関する理解に加え、こういったスキルの向上も非常に重要です。例えば、リーダーシップ研修では「良いリーダーの特徴は何か」という質問が研修のトレーナーから出され、参加者は4つのグループに分かれて議論し、発表を行いました。参加者からは、良いリーダーとは
「社交的である」、「問題を解決できる」、「高いコミュニケーション能力がある」、「自分のコミュニティを愛している」
といった計30個近くの回答が出ました!
また、プロジェクトマネジメント研修では、住宅建設を一つのプロジェクトに例え、なぜこのプロジェクト(=恒久住宅建設)を成功させなければならないか、建設期間の決まっている中でどのように進めていくか、などについてガントチャート(作業計画)を用いて議論しました。

研修二日目、リーダーシップ研修の様子
「良いリーダーの特徴は何か」という質問に関して議論する参加者たち

皆さんにこの研修の様子、伝わりましたでしょうか?
私は8月から駐在していますが、このような研修を実施するたび、いつも難民の方々たちの能力と情熱に驚かされます。一つ質問をすると次々とアイディアが出てきて、中には思いつかないような面白い回答や、コミュニティに対する熱意に溢れた回答も出てきます。議論の中で話をまとめることも上手で、非常に分かりやすい発表をさらっとこなします。また、参加者たちが研修者や他の参加者が発表する言葉一つ一つを漏らさず理解しようとする姿も印象的でした。

生まれ育った国から逃れ、慣れない環境で暮らしながらも、このようにコミュニティのために努力する難民たちの姿を見ると、私たちPWJもより良い支援を届け、彼らの高い能力が生かされるような社会づくりに貢献していかなければならないなと感じます。これからもより良い支援に向けて注力して参りますので、ご支援をよろしくお願いいたします。

※本事業は、ジャパン・プラットフォームからの助成金や、みなさまのご寄付により実施しています。

カクマ駐在員 相島未有沙

 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「ケニア事業支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について