ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2004.10.24

新潟県中越地震 被災者支援 緊急支援用大型テントを被災地に設置へ

日本(新潟)

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、新潟県中越地方を震源とする連続地震の被害を受け、緊急支援用大型テント「バルーンシェルター」3セットを、被災地に運び入れます。スーパーの駐車場などに設置し、被災者の避難や、救援物資の配布などに活用することを想定しています。テントは1セットあたり約100人を収容することが可能で、約30分で設置を完了することができます。

新潟

緊急支援用大型テント「バルーンシェルター」
(C)Peace Winds Japan

PWJでは、日本国内における自然災害発生時などの緊急事態に備えるため、かねてからイオンと調査・連携を図ってきました。すでに、静岡県内のイオンの2店が、バルーンシェルターを購入・備蓄しています。

今回の一連の地震に伴う新潟県内の甚大な被害を受け、PWJはイオンとの協議を経て、PWJのバルーンシェルターを現地に搬入することを決定。24日午前2時30分ごろ、スタッフ4人とともに、事務所を出発し、被災地へ向かうこととしました。被災地に到着後、すぐに設営にとりかかる予定です。

10月24日午前1:30現在、設置場所として、イオンの店舗の駐車場などを考えています。

PWJ所有のシェルターに加え、イオンでは、静岡県内の店舗に配備しているバルーンシェルターを被災地に運び込む予定です。

バルーンシェルターは、PWJと繊維メーカー「帝人」が共同開発した、緊急支援活動用の大型テント。携帯性に優れ、耐風圧性能などの強度も合わせ持ち、収納時は1m×1m×0.8mのサイズ(重要約60kg)。1セットあたり約100人を収容することができます。PWJでは、インド震災支援やアフガニスタン避難民支援の現場で活用し、避難のほか、緊急物資の配布や、避難者の登録などにも有用性を発揮しています。

新潟新潟

 

新潟

写真はいずれも
アフガニスタンの避難民支援で活用されたバルーンシェルター
(C)Peace Winds Japan

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について