ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2011.9.2

南三陸町 志津川漁協の新事務所開設を支援

日本

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、南三陸町にて歌津漁協と志津川漁協の支援を実施しています。PWJはこれまで、両漁協が漁業を再開するために必要な備品の提供を行ってきました。
志津川漁協の事務所は津波により壊滅し、漁協が全く機能しない状況に陥ったことから、PWJは、志津川漁協の新事務所の設営を支援しました。

支援の内容は、事務所の建設費を負担した他、プレハブの建物や内部設備(キッチン、トイレなど)の提供や、運送費、設置費などに及びます。また、事務所の隣には、JAマリンバンクや漁業用備品の販売所も同時に開設し、震災後、執務するために気仙沼階上地区まで通っていた漁協関係者が、南三陸町での業務を再開するに当たっての第一歩となりました。JAマリンバンクを利用される方は、今後は地元南三陸町の窓口でお金の引き出しができるようになりました。

110902_001.jpg
新事務所の様子 (C)PWJ

このたび、9月1日(木)に、志津川漁協の新事務所の開所式が行われました。開所式では志津川漁協の佐々木委員長とPWJ東北事業責任者・備中があいさつし、テープカットにより新事務所の開設を祝いました。海が見渡せる高台に建設された新事務所について、佐々木委員長からは、「これで漁師たちのやる気も出るし、漁業の再開に向けて力強いスタートが切れる。ありがとうございました。」と、心強い言葉をいただきました。

110902_002.jpg
テープカットの模様 (C)PWJ

110902_003.jpg
開所を祝う漁協関係者 (C)PWJ

PWJは、今後とも漁業分野の復興のため、両漁協への支援を進めていきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について