ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

NEWS

【ピースワンコ】12/20(火)東京・世田谷に保護犬譲渡センターOPEN!

2016.12.14

広島県神石高原町を拠点に犬の殺処分ゼロに取り組む特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は12月20日、東京都世田谷区に、保護犬と新しい飼い主の出会いの場となる譲渡センターをオープンします。譲渡センターの開設は広島市内、神奈川県藤沢市に続く3カ所目で、東京都内は初となります。

ピースワンコ

PWJが災害救助犬育成や殺処分ゼロに向けて取り組む「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトでは、2011年度に犬・猫の殺処分数で全国ワースト(計8340頭)を記録した広島県で、2013年9月の動物愛護週間から「犬の殺処分ゼロを目指す1000日計画」に取り組んできました。今年4月、犬の引取り体制整備の見通しがついたことなどから、約2か月半前倒しで1000日計画を実現して殺処分対象犬の全頭引取りを開始し、それ以後、県内の犬の殺処分ゼロを維持しています。なお、8月には広島市内のNPOが猫の全頭引き取りを開始し、全国ワーストだった広島県は約5年で殺処分のない県に生まれ変わろうとしています。世田谷譲渡センターは、広島の殺処分ゼロを維持し、さらに活動を全国へ広げる拠点になります。

譲渡センターには、広島県神石高原町で現在保護する約700頭から、小型、中型の5~8頭ほどを連れていき、スタッフが日常の世話をしながら、里親希望の方に保護犬の特徴や性格などをご紹介します。今後、東京都内の動物愛護センターから殺処分対象犬を引き取ることも検討しています。また、センターは、正しい犬の飼い方やアニマル・ウェルフェア、保護犬猫を家族に迎えることの啓発、殺処分ゼロに向けた情報発信の場としても活用したいと考えています。

ペットショップなどで販売される犬・猫は年間70万頭と言われています。一方、昨年度、殺処分された犬・猫は計8万頭余り。理屈上は8人に1人が保護犬や保護猫を選んでくれれば、殺処分はなくせます。保護犬・猫を迎えることが日本のスタンダードになるように!ペットを家族に迎えることをお考えの皆さま、是非ワンコたちに会いに来てください!

「ピースワンコ・ジャパン世田谷譲渡センター」
住所:東京都世田谷区桜丘3丁目23-2馬事公苑アーバンフラット1-A号室
営業時間:午前10時~午後7時(無休)
問い合わせ先:TEL:03-6413-7095、FAX:03-6413-7096(店舗直通、※12月20日以降設置)
施設概要:面積約68平米、収容頭数 常時5~8頭ほど、ワンコと触れ合えるリビングスペース
譲渡までの流れ:①事前調査票記入②スタッフによる家庭訪問③犬の引渡し(譲渡の際、譲渡までの飼育・医療費の一部、マイクロチップ登録料として17500円をお支払いいただきます)

        ピースワンコピースワンコ

ページのトップへ戻る