ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

HIROSHIMA 広島(神石高原)

広島(神石高原)での活動

現在の活動国・地域

災害への備え、地域活性化支援

2010年11月〜

災害現場で被災者を救出するため、2011年に災害救助犬訓練センターを開設し、災害救助犬とレスキューチームの育成を始めました。PWJの救助犬チームは2014年8月の広島土砂災害の現場に初出動し、行方不明者2名を発見。その後も同年12月のフィリピン台風、2015年4月のネパール地震、同年8月の台湾台風の現場に出動しました。また、救助犬の候補を動物愛護センターから引き取ったことを契機に、殺処分ゼロを目指して捨て犬や迷い犬の保護・譲渡にも取り組んでいます。その他、広島県神石高原町では観光振興などの地域再生事業にも取り組んでいます。

災害救助犬の夢之丞(ゆめのすけ)

PWJの救助犬「夢之丞」は、かつて広島県動物愛護センターで殺処分される寸前でした。2010年11月、PWJに引き取られた夢之丞は、「人によって捨てられた命が人の命を救う」という目標の下、ドッグトレーナーによる訓練を受け、広島土砂災害の現場に初出動しました。現在も、もう1頭のPWJの救助犬「ハルク」とともに訓練に励み、災害時の出動に備えています。

災害救助犬の夢之丞(ゆめのすけ)

広島(神石高原)担当スタッフより

災害救助犬ハンドラ―の原田です。初出動の現場が広島土砂災害の被災地だったのですが、大量の土砂が家を押し流しているという状況を目の当たりにし、不安よりも「早く行方不明者を見つけなければ」という思いが強かったです。犬も集中し、積極的に捜索していることが伝わり、互いに緊張を高めることができました。今後も、災害現場にいち早く入り、生存者の発見に貢献できるよう、日々訓練に努めます。

広島(神石高原)担当スタッフより

広島での活動を支援する

広島の現地活動ルポ

【広島】「国際交流・協力の日2016」のイベントに参加しました

2016.12.12

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は11月20日、広島国際会議場で開催されたイベント「国際交流・協力の日2016」に参加しました。PWJが広島に本部を移して、今年の秋で丸3年。まだ日は浅く、地元広島の皆様によりPWJを知 [...]

広島

【広島】スタッフが広島の中学校で出張授業

2016.12.7

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)で国内事業や災害現場でのレスキュー活動に関わるスタッフ・田邊圭が12月1日、広島県立広島中学校で、「『世界で働くこと』とは」というテーマで出張授業を行いました。授業には3年生2クラス約8 [...]

図2

【広島・神石高原町】行方不明者捜索のため出動、救助犬ルークの反応が発見の一助に

2016.11.12

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)のレスキュー隊と災害救助犬は11月11、12日、行方不明者の捜索のため、広島県神石高原町井関周辺に出動しました。12日午前、災害救助犬ルークが反応を示した方向を消防団員が捜索したところ、 [...]

神石

現地活動ルポを全て見る

ページのトップへ戻る