ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

東京マラソン 2020チャリティ

東京マラソン 2020チャリティ

日本語 / English

犬の殺処分ゼロを目指す活動にチャリティランナーとして参加しませんか?

PWJが実施する“ピースワンコ・ジャパン”プロジェクトは、2019大会に引き続き、東京マラソン2020チャリティの寄付先団体の1つに選ばれました。ピースワンコ・ジャパンでは現在、東京マラソン2020チャリティにチャリティランナーとして出走していただける方を大募集しています。
個人チャリティのチャリティランナーとして参加する!
10万円以上のご寄付で、PWJのチャリティランナーとして東京マラソン2020チャリティに参加することができます(マラソンのみ・先着順3,700名)。7月2日に公開されるチャリティ公式ウェブサイトより”ピースウィンズ・ジャパン”を選択し、お申し込みをするとチャリティランナーとして参加することができます。

お申し込みはこちらから : https://www.marathon.tokyo/charity/

「アクティブチャリティ」のチャリティランナーとして参加する!※法人を含む
20万円以上のご寄付を直接ピースワンコにしていただくことで、アクティブチャリティのチャリティランナーとして参加することができます。アクティブチャリティランナーの方には寄付者プログラムも設けていますので、ご興味がある方はお気軽にお問合せください。
寄付金の使用用途
東京マラソン2020チャリティの寄付金は、現在保護・飼育している約2,800頭とこれから保護する犬たちの(1)フード代や医療費、(2)飼育スタッフや獣医師の人件費、(3)犬舎や譲渡センターの整備・運営費などの一部として使わせていただきます。また、保護した犬たちの中から、災害救助犬、セラピー犬、低血糖アラート犬、里守り犬など、人の役に立つ犬を育成するための費用にも活用する予定です。

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)とは?

PWJは1996年以来、中東やアフリカなど32の国と地域で活動してきたNGOです。近年は、西日本豪雨・東北などの災害支援、医師のいない離島への巡回診療、過疎地の観光振興など、国内の社会課題の解決にも取り組んでいます。「ピースワンコ・ジャパン」事業では、かつて犬・猫の殺処分が全国で最も多かった広島県で、3年以上犬の殺処分ゼロを継続中です。

「ピースワンコ・ジャパン」事業概要

ピースワンコ・ジャパンは、PWJの事業の1つです。 犬たちの命を殺処分から救うための保護・譲渡活動と、災害救助犬・セラピー犬などの育成をおこなってます。

「ピースワンコ・ジャパン」が皆さまとともに目指したいこと

私たちは、日本から犬・猫の殺処分をなくすことを目標に、捨て犬や野犬を保護し、新しい飼い主を探す活動に取り組んでいます。 2019年5月現在、私たちが保護している犬は約2,800頭、今までに新しい家族が見つかった犬は約1,600頭います。本拠地がある広島県では3年以上にわたり「殺処分ゼロ」を継続しています。
お問い合わせはこちらから