ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

Furusato tax payment

ふるさと納税

寄付額に応じて
所得税や住民税が軽減
「ふるさと納税」を通じて
寄付をする

PWJを指定して広島県神石高原町にふるさと納税(寄付)をしていただくと、寄付額の98%がPWJの活動に活用されます。(残り2%は町の事業に使われます)そして、寄付額のうち2000円を除いた額が、確定申告によって皆さまの所得税や住民税から差し引かれ、さらにPWJからお礼の品をお届けします。

ふるさと納税で寄付すると

98%

「殺処分ゼロ」に活用

2%

街の事業に活用

町の寄付額のうち2000円を除いた額が所得税や住民税から差し引かれ、
さらにPWJからお礼の品が届きます。

Request for donation utilizing “Home Tax Payment”

「ふるさと納税」を活用した
寄付のお願い

PWJは2014年の動物愛護週間(9月20~26日)から、本部がある広島県神石高原町と連携して、「ふるさと納税」を使って犬の「殺処分ゼロ」の活動をご支援いただける仕組みを作りました。
自治体と民間が連携し、ふるさと納税の制度を殺処分ゼロに生かす取り組みは、全国初となります。

ふるさと納税とは

「ふるさと納税」は、自治体に寄付をすると、その額に応じて所得税や住民税が軽減される制度です。神石高原町は、自治体だけでなく民間組織も公共サービスを担っていくという考えのもと、寄付の指定先にNPO法人や自治振興会を加え、ふるさと納税を民間の公益的な活動に使える仕組みを整えました。

この仕組みでは、PWJを指定して町に寄付をしていただくと、寄付額の98%が「殺処分ゼロ」をめざすPWJの活動に活用されます(残りの2%は町の事業に使われます)※。そして、寄付額のうち2000円を除いた額が皆さまの所得税や住民税から差し引かれ(所得等により控除限度額あり)、さらにPWJからお礼の品をお届けします。つまり、実質的なご負担はほとんどなく、「殺処分ゼロ」の活動にご参加いただけます。
※配分は自治体によって異なります。

2014年8月20日に発生した広島土砂災害では、PWJが育成した2頭の災害救助犬とレスキューチームが出動し、泥の中から2人の行方不明者を発見しました。うち1頭の救助犬「夢之丞」が県の動物愛護センターで殺処分される寸前の捨て犬だった経歴を持つことから、メディアでも大きく報道されました。PWJは、「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトとして犬の殺処分をなくす活動に取り組んでいますが、夢之丞の活躍をきっかけに「殺処分ゼロ」への支援もさらに広がっています。1日でも早く殺処分ゼロを実現するため、ほぼご負担のない「ふるさと納税」の仕組みを通じてさらなるご支援を賜りたく、ご協力をお願いいたします。

犬の殺処分ゼロのために

ふるさと納税について

ふるさと納税の制度に関しては、平成27年度から税制が改正されました。

① 控除限度額が2倍に拡充:

ふるさと納税を行う際、2,000円を除いた全額が控除される限度額である「ふるさと納税枠」が、約2倍に拡充されました。平成27年1月1日以降のふるさと納税から対象となります。

② 手続きが簡素化:

確定申告をする必要のない給与所得者等がふるさと納税を行う場合に、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合であって、確定申告を行わない場合に限り、ふるさと納税を行う際に、各ふるさと納税先団体に特例の適用に関する申請書を提出することで、確定申告を行わなくても、ふるさと納税についての寄附金控除を受けられる特例的な仕組み(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。
詳細につきましては、総務省ふるさと納税ポータルサイトをご覧ください。

※ふるさと納税ワンストップ特例制度、また申請書については、神石高原町のホームページをご覧ください。

お申し込み

ふるさと納税の制度を利用したご寄付は、PWJに直接お申込みいただくことも可能です。

お問い合わせ、パンフレットのお取り寄せは下記までご連絡ください。
PWJ支援者サービス係 
TEL:0120-252-176
受付時間:10:00-17:00 (土、日、祝日は休み)

下記、あらかじめご了承をお願いいたします。
※お礼状や寄付金受納証明書の発送には1か月程度、お礼の品の発送には2か月程度かかる可能性があります。また、クレジットカード決済でご入金いただいた場合、神石高原町による入金確認に2か月程度かかります。その後、お礼の品を発送致しますので、遅れが出ますこと、ご了承をお願いいたします。