ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時-17時)

NEWS

NGO相談員制度

2018.5.1

ngo

NGO相談員制度について

ピースウィンズ・ジャパンは、外務省より2018年度NGO相談員業務の委嘱を受けています。

NGO相談員制度とは?

国際協力分野で経験と実績をもつ日本のNGO団体が外務省の委嘱により「NGO相談員」となり,NGOの国際協力活動,NGOの設立,組織の管理・運営など,市民やNGO関係者からの質問・照会に答えます。また,国際協力への理解の促進のため,地方自治体や教育機関などと協力し,国際協力関係のイベント等において相談業務や講演を行う「出張サービス」も実施します。
2018年度は全国15の団体が業務委託を受けています。

NGO相談員詳細(外務省ホームページ)はこちらから

国際協力のことならお気軽にピースウィンズ・ジャパンNGO相談員へご相談ください!

お問い合わせ

TEL: 03-5738-8022(東京事務所)/ 0847-89-0887(広島本部)

E-mail: soudan@peace-winds.org

問い合わせフォーム: http://peace-winds.org/contact.html

受付時間: 平日 9:00~17:00(土日祝はお休み)

NGObrochure

過去の相談内容

2018年5月:
1. 上智大学にて開催された「東ティモールフェスタ」会場にて、フェアトレード事業の認知度向上を目的としたコミュニケーション

IMG_5088

2. 幣団体が担うスリランカでの農業支援事業と深い繋がりのある地元有機農業家と連携し、「スリランカを語る会」を開催。地域住民が集い、食を通じてスリランカの文化や習慣に触れる機会となった。

IMG_20180526_200409

3. 9月来日予定の東ティモールからのJICA研修員と地域住民との国際理解促進を目的とした交流イベントの企画

2018年6月:

1. 広島修道大学「国際NGO論」の授業にて、NGOやODA事業の理解促進を目的とした講演を行う

20180619 PWJ 1

2. SDGsロゴバッジにこめられた思い

SDGs

ここ数年で耳にする事が多くなったキーワード、持続可能な開発目標(SDGs)。 通称「グローバル・ゴールズ」は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。
(ハイライト部分はUNDP公式HPから引用)http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/sustainable-development-goals.html

SDGsは、5つの分類(人間People、豊かさProsperity、地球Planet、平和Peace、パートナーシップ)の分類に、17の目標が分けられた「2030年までに世界をもっとよくするため」の世界の目標です。

近年では政府・国際協力や開発に携わる者だけでなく、多くの企業・経済界がSDGsの理念に伴った取り組みを開始しており、世界で大きな広がりを見せています。

そんな中でもちろん、PWJもSDGs実現に向けての取り組みを強化しています。

このSDGsロゴバッジは、17の目標それぞれのカラーで成り立っており、一つ一つのカラーに目標達成の意味が込められています。このバッジ・ロゴを見かけたら、その時が、この世界の目標について少しでも考える機会や取り組むきっかけとなれば!とPWJは願っています。

ページのトップへ戻る