ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時?17時)

東北(東日本大震災)の現地活動ルポ

東北(東日本大震災)の現地活動ルポ

陸前高田市の経済復興へ 商工会を支援

2011.4.26

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、東日本大震災に対応し、宮城県気仙沼市、同県南三陸町、岩手県陸前高田市、同県大船渡市で支援活動を展開しています。

PWJは岩手県陸前高田市にて仮事務所で再開された商工会にて、必要な物資支援を行っています。4月21日にはインターネット環境を整備するとともに、ノートパソコン4台をお届けしました。いまだ固定電話や新聞配達が行き届いていない陸前高田市で、正確な情報を得るのはとても困難です。


インターネット環境や事務所設備が整う事により、より多くの方々へ正確な情報を提供する事ができる、と大変喜ばれています。納品を待っている物資もあり、今後は順次物資を届けていく予定です。

110425 omoiyasri bus 008.JPG

110425 omoiyasri bus 023.JPG

写真上:雨の中、物資を商工会へ運ぶPWJスタッフ (C)PWJ
写真下:納品物資リストを商工会の方と確認するPWJ坂本 (C)PWJ

[陸前高田商工会に提供した物資]
・ノートパソコン4台
・液晶TV
・地上デジタル放送用室内アンテナ
・スチールキャビネット(5棚、扉付き)等

[今後提供する物資]
・カラープリンター
・デジタルカメラ及びメディアカード
・ホワイトボード
・シュレッダー
・金庫 等

また、地域の経済復興への支援も開始致しました。陸前高田市では、商工会との協力で、移動販売にて地元の経済復興への支援を始めました。商工会の会員に、移動販売をするにあたり必要な物資(車、保険等)を提供します。現在はPWJスタッフ、商工会、会員の間で準備が進められています。また、市役所はPWJの協力で陸前高田市内の避難所を回り、大船渡市のスーパー(マイヤ等)へ無料でお連れする、「おもいやりバス」の運行を開始しました。震災後、交通手段がなく、避難所から出られなかった方々は、病院への通院や買い物ができ、気分転換にも良いとの声を頂きました。このバスは4月25日から5月8日まで運行しますが、利用状況に合わせて今後の継続も計画しています。

110425 omoiyasri bus 001.JPG
写真:陸前高田市内で走り始めた「おもいやりバス」 (C)PWJ

ページのトップへ戻る