ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

ケニアの現地活動ルポ

ケニアの現地活動ルポ

【ケニア】クリスマス in 南半球!!

2019.1.15

事務所近くのスーパーに並ぶクリスマスオーナメント

世界的なイベントの一つ、クリスマス。

日本のクリスマスは、各地でカラフルなイルミネーションが街中を温かくつつみ込み、ホワイトクリスマスとなる地域もあってロマンチックですよね。 私が駐在しているケニアのナイロビは赤道直下に位置するため、年間を通じて昼と夜の時間がほぼ12時間ずつ、日の出が午前6時半前後、日の入りは夕方6時半頃、そして標高が1,800m程と高いため、一年を通じて日本の春のような過ごしやすいところです。

四季のある日本とは違い、季節に応じて衣替えをする必要はありませんが、一日の中で四季があると言っても過言ではなく、お天気のいい朝は吐く息が白くなることもあります。ナイロビでも、12月になるとショッピングモールなどではクリスマスのデコレーションを見かけるようになるのですが、行き交う人々の服装はまさに夏そのもの! ナイロビの12月は、雨期が終わってこれからだんだん暑くなり、お天気のいい日だと日中の気温は30度近くまであがります。

今まで北半球でしか過ごしたことのない私にとって、クリスマスをTシャツで迎えるなんてとても変な感じです。また年の瀬という感じもなく、ナイロビの12月はいつもの通り、のんびりと過ぎていきます。ケニアの人たちに、「日本のクリスマスはどんな感じ?」と聞かれ、「寒くて雪が降ることもあり、ホワイトクリスマスでロマンチックよ」と答えると、いまいち理解できていない様子。雪をかぶったキリマンジャロ山は見たことがあっても、実際に雪を見たことがほとんどない人たちにとって「ホワイトクリスマス」という単語はないらしく、雪が降るという寒さやロマンチックな瞬間という、私が抱くイメージとはまったく違うようです。

また、ケニアのクリスマスは、日本のお正月のように家族みんなで一緒に過ごすもの。ピースウィンズジャパンのケニア人スタッフたちも、12月20日頃から休暇に入り、それぞれの家族が待つ場所へ帰っていきました。皆さまは、どんなクリスマスを過ごされましたか?

ナイロビ事務所駐在 谷本明美

ページのトップへ戻る