ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

NEWS

お知らせ

2015.3.3

【東北支援】「南三陸町に、高齢者が輝き、みんなが交流する場を!」クラウドファンディングご協力のお願い

ニュース

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、東北支援の一環として、宮城・南三陸町で建設中のコミュニティスぺ―ス「晴谷驛(ハレバレー)」建設費を募るため、クラウドファンディングを開始しました。

↑ 画像をクリックするとプロジェクトのページに飛びます。
期間:5月28日まで(90日間)
目標金額
ステップ1「作業スペース」の内装費用1,500,000円
ステップ2「放課後活動スペース」の内装費用1,500,000円
ステップ3「コミュニティカフェ」の内装費用1,500,000円
ステップ4 施設に必要なイスやテーブルなどの備品購入にかかる費用500,000円
合計 5,000,000円
PWJは、 宮城県本吉郡南三陸町に設立された団体「びば!!南三陸」との協働で、 高齢者の生きがいづくりと地域住民の交流促進を目的とした「晴谷驛(ハレバレ―)」建設を進めています。南三陸町の元気な高齢者の皆さんが、ここで仕事や趣味の活動を行って生き生きと輝き、 震災で失われたコミュニティのつながりを取り戻せるような場所にしたいと思っています。
PWJでは当初、建設費用として「4800万円」を充てる計画でしたが、復興需要に伴う人件費、資材費の高騰などにより、計画通りに進めるためには「約5300万円」が必要となり、当初組んでいた予算では、建物の内装工事に手が回らなくなりました。今回皆様よりいただくご支援は、「作業スペース」の内装費用に充てさせていただきたいと考えております。クラウドファンディングのページでは、建設に至った経緯、南三陸町で本事業に取り組むPWJスタッフ西城の声などが掲載されておりますので、是非ご覧ください。
東日本大震災から間もなく4年を迎えます。PWJは引き続き、地域に寄り添った支援を継続します。皆さま、応援をよろしくお願いいたします!
▼関連リンク
高齢者や地域の人たちの拠点「晴谷驛(ハレバレー)」建設で安全祈願祭(2014.6.24)
高齢者らが集い活動する場を再び(2014.1.10)
高齢者ら集い「エコ平板」創作体験(2014.3.24)
6/11付河北新報 「高齢者ら就労の場 NGOが施設建設へ」

ニュース一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について