ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

NEWS

お知らせ

2012.7.26

西日本最大級の雑木林ドッグランが、広島県神石高原町に完成!

ニュース

災害現場を想定した救助犬の訓練が可能に。一般客の利用も可能。

国際協力NGOピースウィンズ・ジャパン(PWJ、代表理事=大西健丞)は、緊急災害時の初動対応力を強化するため、2010年秋より広島県神石高原町で災害救助犬を育成しています。また、救助犬訓練センターに隣接する「ドッグラン仙養」の運営を町から受託し、一般の愛犬家のみなさまにご利用いただいています。
このたび、神石高原町がドッグラン仙養の拡張工事を行い、広さ約3,000㎡の西日本最大級の雑木林ドッグランが誕生しました。これは、より高度で実践的な災害救助犬の訓練を行うための環境整備の一環です。人を見つけたら吠えて知らせる「バークアラート」の訓練では、訓練士が雑木林の中に隠れ、空気中のかすかなにおいを手掛かりに救助犬に捜索させることを繰り返しています。

現在、PWJの災害救助犬訓練センターには、計5頭の救助犬候補生がいます。作業犬の血筋を持つハルクのほか、捨て犬となり殺処分を免れた夢之丞と杏、福島原発事故で被災し飯館村から来たベアーとチビも、日々訓練に励んでいます。
また、犬が発見した要救助者を救い出すため、7名のスタッフがレスキュー技能の基礎を専門家から定期的に学んでいます。
ドッグラン仙養は、昨年4月のオープンから1年間で延べ約1300頭の犬が利用しました。今回拡張された雑木林ドッグランも、救助犬の訓練に使わないときは一般に開放されています。また、訓練センターの2階には、愛犬と一緒に入店できるドッグカフェ「シモンズ」があり、神石高原町産の和牛を使用したメンチカツなどを提供しています。
ぜひ、リニューアルしたドッグランと災害救助犬の訓練の様子を取材にお越しください。
▼ドッグラン仙養
住所 : 広島県神石郡神石高原町上豊松72-8
      (福山駅より車で約1時間、標高700m)
料金 : 1頭850円/2頭目500円/3頭目以降400円(3時間利用)
営業時間 : 月~金曜日11:00~17:00、土日祝祭日9:00~18:00(火曜日定休)
URL : http://senyo-gahara.com/dogrun.html

haruku.JPG
雑木林ドッグラン内での捜索訓練
fukagawa.JPG
負傷した人を運ぶ訓練をするPWJ深川

本件に関するお問い合わせ

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
コミュニケーション部 山下 智子、岡本 暁子
TEL:03-5213-4072(直通)
MAIL:pr@peace-winds.org

ニュース一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について