ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

NEWS

お知らせ

2019.5.8

【岡山県美咲町と災害等緊急時における支援協力に関する協定書を締結】

ニュース

調停式の様子

 

2019年5月7日(火)、岡山県久米郡美咲町と特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンは災害等緊急時における支援協力に関する協定書調印式を行いました。調停式では三咲町の青野町長、ピースウィンズ・ジャパン代表理事兼統括責任者の大西健丞からのご挨拶(以下)もありました。

 

▷美咲町長青野 高陽氏より:

特定非営利活動法人ピースウインズ・ジャパン様と本町との協定調印にあたり、心から感謝を申し上げるとともに、一言ご挨拶申し上げます。

ピースウインズ・ジャパン様は、国内外の紛争地、被災地での人道支援を行われております。特に、昨年の平成30年7月豪雨の折に、倉敷市真備地区におきまして、まび記念病院の入院患者をヘリで搬送するなど、災害時救援活動に貢献していただきました。岡山県民として、お礼申し上げます。

美咲町として、素晴らしい実績をお持ちのピースウインズ・ジャパン様と協定を締結できることは、大変光栄であり、また頼もしく思っております。

美咲町は、町内に岡山県三大河川のうち、吉井川と旭川が流れ、山間部では土砂崩れの恐れがあるなど、災害への備えが大きな課題となっております。昨年の豪雨では、町内にも甚大な被害があり、今年の出水期に備えた防災体制の構築が急務となっております。ピースウインズ・ジャパン様がお持ちの医療技術、機材によりまして、災害時の被害防止・被害軽減にお力添えいただきたいと考えております。

美咲町としても、町民の安全・安心を守るために、災害に対する対応を万全なものとしていく所存でございますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

▷認定NPO法人ピースウインズ・ジャパン代表理事大西 健丞より:

去年倉敷市真備町で支援をさせていただいたが
支えていただいた日本各地、企業、直接間接的には1000社以上あります。

グンゼ、ユニクロ食品会社、石鹸は花王・・・、すべて無償でグンゼの下着は1万着を超える下着を無償提供していただきました。

稲葉(医師)を中心とした医療チーム、救助犬のレスキューチームが現場に行き、お役にたてると思っています。

山間部のほう、都市部とはどんどん提携をしていきたい。

今回の美咲町との連携をとてもうれしく思っています。
災害をのぞいても通常の地域医療に対する貢献も考えていきたいです。今後ともよろしくお願いいたします。

ニュース一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について