ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

Emergency

緊急支援情報

2018.7.18

真備町薗小学校避難所にトレーラーハウスを設置し、夜間診療を開始!

緊急支援情報

診療所

西日本豪雨の影響を受け、 倉敷市真備町で避難所となっている薗小学校でピースウィンズ・ジャパン/APAD ジャパンとHuMAが連携して夜間診療を開始しました。大きな被害をもたらしている西日本豪雨災害に対し、 PWJ は緊急合同支援チーム(Civic Force/ A-PADジャパン/ Peace Winds Japan)を派遣しています。 現在、岡山県では避難所運営の支援活動を行なっています。
7月17日(火)、佐賀A-PAD ジャパン、CivicForce よりトレーラー計3台を真備町薗小学校に搬入、夜間診療を開始しました。真備町の被災地域では、多くの避難者が日中は浸水した住居の片付けをして、夜間に避難所に戻ってくる場合が多く、夕方から夜間にかけての医療面での要望が多くありました。
それを受け、PWJ(ピースウィンズ・ジャパン)/A-PAD ジャパンでは、HuMA(災害人道医療支援会)と協力して、宿泊可能なトレーラーハウス3台を提供し、診察室、夜間の医療従事者の休憩室として使用する予定です。夜間診療は、午後6時からと午後9時とします。

診療所2

診療所の担当医であるピースウィンズ・ジャパン・A-PADの救急救命士である稲葉基高氏によると、連日の猛暑の影響で熱中症患者が多く、なかには緊急搬送する患者もいるそうです。また、定期的に入浴することができないため、怪我した際の感染症なども懸念されています。
本仮設診療所での医療活動を通じて、ピースウィンズ・ジャパンは避難者・被災者の多くが医療面では安心して避難生活を送れるよう努めていきます。
皆様からのご支援はこのように支援の必要な人びとに届けさせていただきます。PWJでは指定寄付口座にてご寄付の受け付けを開始しております。温かいご支援をお待ちしております。
========================
■クレジットカードでの受付
西日本豪雨支援
■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「 大雨洪水支援2018 」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口

※通信欄に、「大雨洪水支援2018」とご記入ください。特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、2010年4月1日以降にいただくご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
■外部寄付サイト(PWJ)
・Yahooネット募金
・キャンプファイア
・Japangiving
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

ニュース一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について