fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2020.10.16

【ウガンダ】ウガンダ西部チャカII難民居住地区について紹介!

ウガンダ 海外人道支援

こんにちは。

ピースウィンズ・ジャパン(以下、PWJ)チェゲグワ事務所のプロジェクト・オフィサー、ベナード・サングラです。PWJは、コンゴ民主共和国(DRC)難民支援の一環として、チェゲグワ県チャカII難民居住地区で給水衛生支援を実施しています。今回は、皆さまにチェゲグワ県やチャカII難民居住地区、そしてそこでの私たちの活動の1コマをご紹介したいと思います。

 

チェゲグワ県はウガンダの首都カンパラから西に約210kmの位置にあり、車で4時間ほどかかります。ウガンダでは、政治的な権限はありませんが地方王制が続いていて、チェゲグワ県はオヨ・ニンバ・カバンバ・イグル・ルキディ4世が最年少で王位についたトロ王国に属しています。トロ王国には、ルウェンゾリ山地に近くて火山湖があることでも知られてるフォート・ポータル市があるなど、非常に風光明媚なところです。


フォート・ポータル市近郊の火山湖の眺め

 

チャカII難民居住地区には125,000人の難民が生活しており、その大半がDRC難民ですが、ルワンダ、ブルンジ、南スーダンからの難民もいます。ウガンダ政府の難民政策は寛容で知られており、ホストコミュニティと同様に難民の人々にも土地が与えられ仕事をすることも可能です。そのため、難民たちも肥沃な土地を利用してトウモロコシやマトケ(調理用バナナ)を栽培したり、一部の人々は鶏や山羊などを飼育しています。現金を得る手段が少なく自給自足にとどまり、医薬品を購入したり子どもを学校へ送る資金が不足している家庭が多くあります。


チャカII難民居住地区の様子

 

チャカII難民居住地区の難民やホストコミュニティの人々はとてもフレンドリーです。チェゲグワで勤務をはじめてもうすぐ1年が経とうとしていますが、人々との温かな触れ合いが、この地で仕事をするうえで大きな原動力となっています。

現在はウガンダでも新型コロナウイルス感染症が拡大しているため、公共の場に皆で集まって食事をすることが難しくなってしまいましたが、以前は時々スタッフの皆で地元のバーベキュー屋さんなどでの食事を楽しんだりもしました。


チェゲグワ町のバーベキュー屋で昼食をとるPWJスタッフら(2020年2月撮影)

 

 

現在、新型コロナウイルス感染症拡大による経済的影響や、各援助機関の支援が減少または停滞していることなどから、厳しい環境での生活を強いられているチャカII難民居住地区の住民は、より深刻な貧困に直面しています。必要性に迫られ働き手である男性が、妻子を難民居住地区に残して、情勢不安が継続する母国DRCに危険を冒しながら戻るケースも度々耳にするようになりました。

 

ウガンダでは新型コロナウイルス感染症拡大予防措置として3月より休校措置が取られてきましたが、10月中旬より一部の学年のみ学校が再開される予定です。PWJは関係者らと協働して、子どもたちが置かれている現状の把握や、衛生に関する啓発強化に努めています。学校児童への聞き取り調査では、休校中に経済的理由により結婚せざるを得なくなった女子児童がいることなどが分かり、新型コロナウイルス感染症の社会的影響の深刻さを感じています。


ブケレ小学校の学校運営委員会と話し合うPWJスタッフ

 

PWJは引き続き積極的に現地の難民やホストコミュニティの人々と関わり合いながら、支援を行っていきます。皆さまのご支援をどうぞよろしくお願いします。

========================
■クレジットカードでの受付

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「ウガンダ事業支援寄付」と明記してください。

■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。

※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について