fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2020.9.3

【ウガンダ】北部地域の人々との協働

ウガンダ 海外人道支援

こんにちは。ピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)ユンベ事務所のアシスタントオフィサー、カフマ・ジミーです。
PWJは2020年3月末からウガンダ北部の難民居住地区、ライノキャンプとビディビディで新らしいプロジェクトを開始しました。今回はライノキャンプ難民居住地区で実施しているシェルター(住居)支援をご紹介します。
 


日干しレンガ

 
PWJは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や現地政府、関係支援団体と協力、調整しながら難民の方へのシェルター支援を実施しています。支援活動の中で、対象地域の難民やホストコミュニティの方々が雇用と現金収入の機会を得られるようにも努めています。

同地域の人々は建設や大工、荷物の運搬と上げ下ろしなど、様々な作業に従事して現金収入の道を探り、自身で生計向上を図っています。2019年に家族と一緒により安全な環境を求めて南スーダンからウガンダにやってきたベンジャミンさん(18)はライノキャンプ難民居住地区で日干しレンガ作りを行なっています。南スーダンでは学校に通う機会に恵まれなかったため、ウガンダの小学校を卒業したいと考えています。同時に、2019年から兄弟や友人たちと日干しレンガ作りを始めました。ベンジャミンさんの父親が大工なので、日干しレンガを作るための木製の型枠を作ってもらったそうです。
 


乾燥させているレンガ。写真右がベンジャミンさん。
 


レンガ作成時に使用する型枠。

 

日干しレンガは粘土質の土を掘り出して水を混ぜ3日ほど寝かせます。その後、型枠に入れて形を整え、日陰干しをしながらひっくり返し、まんべんなく固まる様にして1週間ほどで完成です。完成した日干しレンガには草をかぶせたり、室内に保管するなどして販売できる機会を待ちます。そしてPWJだけでなく、レンガを必要としている団体などに販売して現金収入を得て、服や靴、勉強に必要な教材などを購入しています。また、ベンジャミンさんの父親は大工としてシェルターのドアや窓の作成作業に参加、女性の友人たちや母親も水汲みや壁塗り作業に参加しているそうです。このように、PWJはシェルターの受け取り者だけでなく、地域の人々と協働して活動を実施しています。

小さな世帯用のシェルター1軒を建設するのに約2500個のレンガを使用します。PWJはベンジャミンさんのようなレンガ作りを行っている現地のグループと協力して引き続き南スーダン難民、そしてウガンダの人々の環境改善を目指し、活動を行っていきます。応援をどうぞよろしくお願いいたします。

カフマ・ジミー
アシスタントオフィサー

 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「ウガンダ事業支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について