fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

Support field

支援分野

  • 海外人道支援

    南スーダン

    【南スーダン】南スーダンで害虫被災農家支援を完了しました!

    南スーダンでは、2020年2月以降、ウガンダ、ケニア、エチオピアとの国境に面...

  • 災害緊急支援

    ハイチ

    【ハイチ】8月14日ハイチ大地震 1カ月間の活動報告

    地震発生から1カ月 8月14日に、ハイチ南西部で破壊的な地震が発生してから1...

  • 海外人道支援

    アフガニスタン

    【アフガニスタン】急変する情勢の下、食糧支援事業を開始しました

    困窮する生活に降りかかった情勢の急激な変化 アフガニスタンでは今年5月から全...

  • 海外人道支援

    ネパール

    【ネパール】事業2年目をスタートしました!

    ピースウィンズ・ジャパン (PWJ)は、現地提携団体であるInstituti...

  • 海外人道支援

    ネパール

    【ネパール】生活を変えた水へのアクセス:今後は農業利用も

    ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、現地パートナー団体Institutio...

  • 海外人道支援

    モザンビーク

    【モザンビーク】それぞれユニークなトイレ作りが進んでいます

    イラストやポスターを壁に貼ってあるトイレと作った女性   モザンビ...

  • 海外人道支援

    バングラデシュ

    【バングラデシュ】ロヒンギャ危機から4年:難民キャンプでCOVID-19ワク...

    4年前の明日、2017年8月25日、ミャンマーでの弾圧から逃れるため、大量の...

  • 海外人道支援

    ミャンマー

    【ミャンマー】状況はコロナ禍や洪水被害などでさらに悪化

    今年2月に国家非常事態宣言が発令されて以降、ミャンマーでは政治的にも社会経済...

  • 災害緊急支援

    ハイチ

    【ハイチ】震源地に近い地域で緊急支援のためのアセスメントを行いました

    8月19日、20日に、PWJ現地スタッフが、被災地であるMarceline地...

  • 災害緊急支援

    ハイチ

    【ハイチ】PWJコミュニティセンターが地震被災者の避難所として対応

    8月14日に発生したマグニチュード7.2の地震は、ピースウィンズ・ジャパン(...

  • 災害緊急支援

    ハイチ

    【ハイチ】M7.2の地震が発生、スタッフの無事を確認しています

    ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が支援事業を実施しているハイチで、14日日...

  • 海外人道支援

    イラク

    【イラク】イラク北部シンジャール郡での職業訓練の様子が、国際連合人間居住計画...

    ピースウインズ・ジャパン(PWJ)が、国際連合人間居住計画(UN-Habit...

緊急支援

いち早く、より多くの人びとに支援を届け、
ひとりでも多くのいのちを守る。

地震や洪水、干ばつなどの自然災害、紛争、貧困などにより、世界各地でいのちの危機にさらされた人びとを支援しています。

PWJが行う緊急支援

暮らしに欠かせない物資を配布

現地事業代表のカワ(写真右)です。イラクは世界有数の石油大国で豊かな国とみられていますが、特に農村部では、今なお、公共サービスが行き届かず、人びとは厳しい生活を続けています。PWJはこれからも都市部と農村部のギャップを埋める支援を実施していくとともに、シリアでの戦禍を逃れ、イラク北部で避難民生活を余儀なくされているシリア難民や国内避難民への支援を継続していきます。皆さまからの温かいご支援をよろしくお願いします。

生活環境を改善

現地事業代表のカワ(写真右)です。イラクは世界有数の石油大国で豊かな国とみられていますが、特に農村部では、今なお、公共サービスが行き届かず、人びとは厳しい生活を続けています。PWJはこれからも都市部と農村部のギャップを埋める支援を実施していくとともに、シリアでの戦禍を逃れ、イラク北部で避難民生活を余儀なくされているシリア難民や国内避難民への支援を継続していきます。皆さまからの温かいご支援をよろしくお願いします。

次なる災害に備え、レスキュー対応力強化に励む

現地事業代表のカワ(写真右)です。イラクは世界有数の石油大国で豊かな国とみられていますが、特に農村部では、今なお、公共サービスが行き届かず、人びとは厳しい生活を続けています。PWJはこれからも都市部と農村部のギャップを埋める支援を実施していくとともに、シリアでの戦禍を逃れ、イラク北部で避難民生活を余儀なくされているシリア難民や国内避難民への支援を継続していきます。皆さまからの温かいご支援をよろしくお願いします。

  • 災害緊急支援

    ハイチ

    【ハイチ】8月14日ハイチ大地震 1カ月間の活動報告

    地震発生から1カ月 8月14日に、ハイチ南西部で破壊的な地震が発生してから1...

  • 災害緊急支援

    ハイチ

    【ハイチ】震源地に近い地域で緊急支援のためのアセスメントを行いました

    8月19日、20日に、PWJ現地スタッフが、被災地であるMarceline地...

  • 災害緊急支援

    ハイチ

    【ハイチ】PWJコミュニティセンターが地震被災者の避難所として対応

    8月14日に発生したマグニチュード7.2の地震は、ピースウィンズ・ジャパン(...

  • 災害緊急支援

    ハイチ

    【ハイチ】M7.2の地震が発生、スタッフの無事を確認しています

    ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が支援事業を実施しているハイチで、14日日...

  • 災害緊急支援

    東ティモール

    【東ティモール】届いたきれいな水に歓声と笑顔が!生活用水支援

    東ティモールでは4月4日未明から5日にかけて東ティモールを襲ったサイクロン「...

  • 災害緊急支援

    東ティモール

    【東ティモール】被災者は2万5千人超!発災7日後に初めての支援の手が

    東ティモールでは4月4日未明から5日にかけて降り続いた豪雨により、土砂崩れ、...

  • 災害緊急支援

    東ティモール

    【東ティモール】洪水の被害拡大!劣悪な環境での避難生活は続く

    ピースウィンズ・ジャパンは、4月4日未明から5日にかけて降り続いた大雨により...

  • 災害緊急支援

    東ティモール

    【東ティモール】首都ディリで洪水に対する緊急支援を開始しました

    ピースウィンズ・ジャパンは、4月4日未明から5日にかけて降り続いた大雨により...

  • 災害緊急支援

    東ティモール

    【東ティモール】首都ディリでの大規模な洪水について情報収集を開始

    4月4日未明から5日にかけて降り続いた大雨により、東ティモールの首都ディリで...

  • 災害緊急支援

    バングラデシュ

    【緊急医療支援を開始】バングラデシュ ロヒンギャ難民キャンプ大規模火災 ご寄...

    ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)及び現地提携団体は、ロヒンギャ難民キャンプ...

  • 災害緊急支援

    モザンビーク

    【モザンビーク】再びサイクロンで被災!緊急支援を開始しました

    サイクロン・イダイによる被災からおよそ2年が経とうとしていた2021年1月2...

  • 災害緊急支援

    バングラデシュ

    【バングラデシュ】サイクロン被災者支援活動報告

    2020年5月20日、ベンガル湾で発生したサイクロンアンファンがバングラデシ...

復旧・復興
支援

「国をつくる、町をつくる」(復旧・復興~開発支援)
人びとの安心した暮らしや貧困からの脱却を目指し、経済的な自立を支援。

いのちを支える緊急支援に引き続き、災害や紛争により何もかも破壊された土地で、安定した暮らしを再開できるように復旧・復興をサポートします。また、緊急支援や復興支援を実施した後、地域の人びとの生活が再建され、貧困から脱却できるまで中長期にわたって支援を展開することで、紛争後の地域の安定に寄与することができます。

PWJが行う復興支援

給水施設、トイレ、学校、病院などの建設、修復

本来であれば、その国の政府が行うものですが、紛争、災害後には政府が十分に機能していないことも多く、計画策定が遅れたり、地域的な偏りが生じたりすることもあります。PWJは、地域復興の足がかりになるよう、人びとの暮らしに欠かせない社会基盤の復旧を行っています。

経済復興を後押し

住民たちが自らの生計手段を確立し、地域に根ざした経済活動を行えるよう 事業再開に必要な備品などを配布しています。

PWJが行う開発支援

フェアトレード

PWJは、復興を遂げた地域が自立し、将来的な安定につながるよう、地域の人びとがつくった物を公正な価格で買い取り、日本国内で販売しています。PWJが販売するピースコーヒーも、独立前に国内紛争を経験した東ティモールで、生産者たちの暮らしの安定に寄与しています。

  • 海外人道支援

    南スーダン

    【南スーダン】南スーダンで害虫被災農家支援を完了しました!

    南スーダンでは、2020年2月以降、ウガンダ、ケニア、エチオピアとの国境に面...

  • 海外人道支援

    アフガニスタン

    【アフガニスタン】急変する情勢の下、食糧支援事業を開始しました

    困窮する生活に降りかかった情勢の急激な変化 アフガニスタンでは今年5月から全...

  • 海外人道支援

    ネパール

    【ネパール】事業2年目をスタートしました!

    ピースウィンズ・ジャパン (PWJ)は、現地提携団体であるInstituti...

  • 海外人道支援

    ネパール

    【ネパール】生活を変えた水へのアクセス:今後は農業利用も

    ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、現地パートナー団体Institutio...

  • 海外人道支援

    モザンビーク

    【モザンビーク】それぞれユニークなトイレ作りが進んでいます

    イラストやポスターを壁に貼ってあるトイレと作った女性   モザンビ...

  • 海外人道支援

    バングラデシュ

    【バングラデシュ】ロヒンギャ危機から4年:難民キャンプでCOVID-19ワク...

    4年前の明日、2017年8月25日、ミャンマーでの弾圧から逃れるため、大量の...

  • 海外人道支援

    ミャンマー

    【ミャンマー】状況はコロナ禍や洪水被害などでさらに悪化

    今年2月に国家非常事態宣言が発令されて以降、ミャンマーでは政治的にも社会経済...

  • 海外人道支援

    イラク

    【イラク】イラク北部シンジャール郡での職業訓練の様子が、国際連合人間居住計画...

    ピースウインズ・ジャパン(PWJ)が、国際連合人間居住計画(UN-Habit...

  • 海外人道支援

    スリランカ

    【スリランカ】スリランカと神石高原町をオンラインでつなぐ有機農業研修がはじま...

    ピースウインズ・ジャパン(PWJ)は、日本の地方の技術と経験を活かした国際協...

  • 海外人道支援

    イラク

    【イラク】職業訓練コース受講者の声(1)

    「学びこそが自らの置かれた状況を改善するために不可欠です」   こ...

  • 海外人道支援

    南スーダン

    【南スーダン】感染への不安から自由に―新型コロナウイルス感染症予防支援事業

    「私は今まで頭痛がしたり風邪のような症状になると新型コロナウイルス感染症(以...

  • 海外人道支援

    ネパール

    【ネパール】新型コロナウイルス感染拡大を受け、隔離センターの設備拡充支援を開...

    2021年4月中旬よりネパールにおいて新型コロナウイルス変異株が爆発的に感染...

ピースワンコ・ジャパンの活動内容

ピースワンコ・ジャパンの活動を知る

犬・猫の殺処分数は、年々減少傾向にはありますが、2018年度も全国で3万8000頭を超え、大きな社会問題となっています(環境省発表)。

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が犬の保護・譲渡活動を主軸として運営する「ピースワンコ・ジャパン」事業の目的は、人間の身勝手によって生み出される犬・猫の殺処分をなくし、ペットと人間の真の共生を実現することです。

災害支援の「仲間」でもある犬が殺処分される状況を、これまで培ったネットワークや社会変革の経験を活かし、行政機関とも連携して変えたいという強い思いが、ピースワンコ事業の出発点でした。

ピースワンコ事業の本拠地である広島県は、2011年度に犬・猫を合わせた殺処分数が8,340頭(犬2,342頭、猫5,998頭)にのぼり、全国ワーストを記録しました。

PWJはまず、2013年秋から取り組んできた「広島の犬の殺処分ゼロ1000日計画」に沿って、2016年4月に広島の殺処分対象犬の全頭引き取りを開始し、犬の「殺処分ゼロ」を実現しました。

 

2019年5月末で、殺処分ゼロの継続は1156日になりました。これまでに、里親に譲渡したり元の飼い主に返還したりした犬は1500頭を超えました。猫については、捨て猫の保護・譲渡や繁殖制限などに取り組む他の保護団体を支援しており、犬・猫ともに殺処分ゼロを実現するべく努力しています。

現在、広島県神石高原町などにある4カ所のシェルターには、計約4200平方メートルの庭付きの犬舎を確保しています。 これと別に計約8000平方メートルのドッグランもあり、犬たちが自由に走り回れる環境を用意しています。

特に、殺処分ゼロを実現した2016年度以降、増設した犬舎の面積は約3400平方メートルに達しました。譲渡センターも、2014年の広島、湘南(神奈川)に始まって毎年新たに開設し、現在7カ所にまで増えました。

 

こうした施設の拡充とともに、スタッフも段階的に増やしてきました。現在は、獣医師を含む100人を超える専属スタッフに加え、外注の清掃業者スタッフや、多数の登録ボランティアの方々にもご協力いただいています。

 

保護頭数の増加に伴い、フード代を中心とした養育費や、医療費も増加しています。2018年度は、養育費に約7900万円、医療費に約1億3400万円かかりました。このなかには、施設内での繁殖を防ぎ、保護犬たちを適切に管理するための避妊・去勢手術の費用も含まれます。

これらの費用のほとんどは、ふるさと納税やサポーター制度などを通じた全国の支援者のみなさまからの寄付金でまかなわれています。

 

私たちは、殺処分されてしまいそうな犬たちの命を水際で救う一方で、犬が捨てられたり危害を加えられたりすることがない社会づくりのため、教育や啓発活動にも力を入れています。

 

シェルターや譲渡センターで企業や学校などの研修を受け入れているほか、出張授業や講演、啓発イベント、譲渡の際の里親への説明など、さまざまな形で啓発活動に取り組んでいます。今後とも、広島県をはじめとする自治体や、他の動物保護団体とも連携をさらに強め、持続可能な「殺処分ゼロ」のモデルを確立したいと考えています。

  • ピースワンコプロジェクト

    日本

    ピースワンコ・ジャパンの活動内容

    ピースワンコ・ジャパン | 保護犬の里親探し・譲渡を促進 ピースワンコ・ジャ...

  • ピースワンコプロジェクト

    日本

    【お知らせ】活動報告(ニュースレター)の電子化について

    いつもピースワンコ・ジャパンの活動にご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。...

地域復興
教育

海外での緊急人道支援を活動の主軸としてきたPWJは、近年、高齢化や過疎による地方の疲弊など、国内の社会問題への取り組みにも力を入れています。

広島県神石高原町や東日本大震災の被災地において、地場産業の6次化による経済復興/雇用創出、観光 産業の 促進 、災害救助犬育成/遺棄 犬の保護などの事業を、 様々 なアクターと 連携 し、 新たな資 金ソ ース(行政からの 補助金や、 公的および企業による融資)も取り入れ、ビジネス的手 法も活用して実施することにより、地方活性化の 新しい モデ ルの構築に取り組んでいます。

  • 地域復興・教育

    佐賀

    【佐賀】ピースクラフツSAGA EDITION 2019デビュー!!

    「ピースクラフツSAGA EDITION」は、2018年から開始したピースク...

  • 地域復興・教育

    ネパール

    【NGO相談員xネパール】農業支援の口演を通した国際理解の促進

    PWJは島根県邑智郡邑南町地域において、来日しているネパール研修生を講師が紹...

  • 地域復興・教育

    佐賀

    【佐賀】ふるさと納税の返礼品をバージョンアップ中です!!

     PWJは佐賀の伝統工芸を支援する「ピースクラフツSAGA」事業に取り組んで...

  • 地域復興・教育

    佐賀

    【佐賀】ピースクラフツSAGA EDITION 2019始動!!

     PWJは昨年より「ピースクラフツSAGA」の活動の一環として商品開発を行っ...

  • 地域復興・教育

    佐賀

    【佐賀】ふるさと納税への返礼品協力御礼を兼ねて伝統工芸事業者を訪問!!

    PWJ佐賀事務所は、ふるさと納税の返礼品提供でご協力をいただいている伝統工芸...

  • 地域復興・教育

    日本(平成29年7月九州北部豪雨被災者支援)

    【九州豪雨】豪雨から1か月、朝倉市の避難所をサポート

    福岡、大分両県に大きな被害をもたらした九州北部豪雨から5日で1カ月が経過しま...

  • 地域復興・教育

    日本(熊本)

    【熊本地震】地震から1年、仮設団地で追悼の明かり

    4月14日、熊本地震の「前震」から1年を迎えました。 2日後の「本震」も含め...

  • 地域復興・教育

    日本(熊本)

    【熊本地震】ひなまつりイベントを仮設団地で開催

    ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2~3月、熊本県益城町のテクノ仮設団地と...

  • 地域復興・教育

    日本

    【東北支援】3・11、南三陸のいま

    被災地でまた一つ、「復興」が実を結んだ。 ひな祭りの3月3日、宮城県南三陸町...

  • 地域復興・教育

    日本(熊本)

    【熊本地震】地元団体を通じた被災ペットの預かり支援を開始

    昨年4月の熊本地震発生以降、迷子になったり飼い主が手放したりした犬猫が数多く...

  • 地域復興・教育

    日本(熊本)

    【熊本地震】仮設団地でクリスマスイベントを開催

    熊本県では、仮設住宅がある15市町村に「地域支えあいセンター」が設置され、自...

  • 地域復興・教育

    日本(熊本)

    【熊本地震】仮設団地に防犯対策の街灯を設置

    熊本県内では、11月中旬に全ての仮設住宅が完成し、16市町村で計4303戸が...

フェアトレードについて

フェアトレードとは

「フェアトレード」を直訳すれば「公平な貿易」です。先進国が行う国際的な貿易は、経済的・社会的に立場の弱い途上国の小規模生産者にとっては決して「公平な貿易」ではなく、時に貧困を拡大させてしまいます。
このような経済格差をなくす公平な貿易を目指し、ヨーロッパを中心に1960年代からフェアトレード運動が広がっていきました。
発展途上国で作られた農作物や手工芸品を、通常の国際市場価格よりも高めの価格で買い取り、継続的に取引を行うことで、生産者の自立や持続可能な生活向上を促す「人と地球にやさしい貿易のしくみ」です。

PWJがフェアトレードを始めたきっかけ

1999年の独立前の騒乱時に緊急支援を行ったことが東ティモールでの活動のはじまりでした。破壊された住居の再建や仕事を再開できる環境を整えましたが人びとの暮らしはなかなか向上せず、持続可能な発展のためには自分たちの力で何かを生み出すしくみが必要であることから、唯一の換金作物であるコーヒーに着目し、PWJは調査を始めました。
生産者の中にコーヒーの栽培・加工知識を持った人がほとんどおらず、品質がいいと言える状態ではありませんでしたが、こうした状況を一つずつ改善し、高品質のコーヒーとして日本に輸出することができれば「コーヒー生産者の収入向上に貢献できる」と考え、2003年からフェアトレードコーヒー生産者支援事業を本格的に開始しました。

「21世紀最初の独立国」東ティモール

インドネシアの東側、2002年に独立したばかりの東ティモール。
ポルトガルの植民地、インドネシアの強制併合を経て独立を果たしましたが、米、トウモロコシなど主食にあたる食物をはじめとする多くの物資を輸入に頼り、国の基盤もまだまだ脆弱です。
コーヒーは唯一の換金作物であり、国民の4人に1人がコーヒー生産者と言われています。生産者の多くは山間深くに住み、コーヒーの収入によって生計を立てている人がほとんどです。
※人口約110万人、長野県とほぼ同じ大きさです。

  • フェアトレード

    東ティモール

    【NGO相談員】「コーヒーはどこから来ているの?」 PWJチーム おかやま希...

    〜コーヒーはどんなところで、どのようにして生産される?〜  12月20日、岡...

  • フェアトレード

    東ティモール

    【東ティモール】コーヒーフェスティバル2018

    東ティモールでは10月15日から19日までコーヒーフェスティバルが開催されま...

支援が必要な人々のためにできること

ピースウィンズ ・ジャパン(PWJ)は「世界各地の地震・洪水・干ばつなどの自然災害と、紛争や貧困など人為的な要因による
人道危機生命や生活の危機にさらされた人を支援しています。また、復興・開発のために支援を行います。

ご寄付についての不明点は
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-252-176(フリーダイヤル)

03-5738-8022(支援者サービス)

電話受付時間:平日9時-17時

WEBからのお問い合わせはこちら

詳しくはこちら