ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2007.3.2

「カフェ・タタマイラウ」ロゴは北島さんの作品に

東ティモール 海外人道支援

東ティモール・エルメラ県レテフォホ郡のコーヒー生産者組合「カフェ・タタマイラウ」のロゴが決定しました! ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が呼び掛けたロゴデザイン募集には、予想を上回る78人の方から112作品ものご応募があり、生産者による選考の結果、東ティモール国旗をイメージさせるデザインを組み込んだ、東京都のデザイナー、北島瑞穂さんのデザインが最も強い支持を集めて、組合のロゴに決まりました。ご応募いただいたみなさま、ありがとうございました。

決定した「カフェ・タタマイラウ」のロゴ

決定した「カフェ・タタマイラウ」のロゴ

ロゴは、組合の結束と誇りを高めるために制定し、ロゴ入りのユニフォーム(Tシャツ)を作成します。PWJでは、日本と東ティモールのつながりを強め、生産者たちに日本の人たちの想いを感じとってもらう機会になればと、組合のロゴデザインを一般公募いたしました。公募前は、ロゴの意義や支援活動がきちんと伝わるか、応募があるのか、などの不安を抱えていましたが、予想を大きく超える作品が集まりました。しかも、どの作品も、PWJと生産者たちが目指している想いや活動をくみとっていただいたうえに、あふれ出るほどの応援のメッセージが込められたものばかりでした。

070302TLS_2.jpg

(C)PWJ/HibikoSHIBATA

生産者への候補作のお披露目は、17の生産地ごとで開催するサブグループミーティングでした。スタッフがロゴを一つひとつ紹介し始めると、生産者たちは驚きのあまり、声も出せなくなりました。遠くから見ていた生産者の家族たちもどんどん近くに集ってきて、「おお!これはタタマイラウ山じゃないか?!」「これはコーヒーチェリーだよ!」「これはいいなー!」などと声が上がるようになりました。その後、各グループのリーダー会議で意見交換が行われ、ロゴが決定しました。生産者たちからはまた、他のデザインについても、「女性グループや音楽グループなどがさまざまな活動を行っていくときに使っていきたい」という強い要望が出されました。そして、「ロゴをデザインしてくださった皆さまに、ぜひお礼をいいたい」とたくさんの手紙が届きました。

最終決定
ロゴとお礼の手紙を手にする組合メンバー

写真左:最終決定 (C)PWJ/JunNAKAJIMA
写真右:ロゴとお礼の手紙を手にする組合メンバー
(C)PWJ/HibikoSHIBATA

決定したロゴをデザインしてくださった北島さんは「決定の電話をいただいたときも、しばらく理解できず、まさか私が、と頭が一杯でした。私のデザインに余りある評価をいただき、うれしくてメールを何度も読み直しています。暖かな人の気持ちに触れることができ、このコンペに参加できて本当によかったと思います。ありがとうございました」とメッセージを寄せてくださいました。
国際的な競争の厳しいなかで、高品質のコーヒーを生産、販売し、生活の向上を実現するためには、たくさんの障害を乗り越えていかなくてはなりません。組合ロゴの入ったTシャツを着用することで、日本の人びとのエールを感じ、そして、生産者組合グループの一員であるという誇りと結束力がより強まれば、自立に向けた多くの試練を乗り越える大きな力になるに違いありません。このキャンペーンにご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について