ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2007.3.27

PWJ牛田眞也子が東ティモール選挙監視団に参加へ

東ティモール 海外人道支援

東ティモールでは、新しい選挙法(2006年12月制定)の下での初めての大統領選挙が4月9日に実施されます。国際平和協力法に基づく、東ティモール選挙監視国際平和協力業務の実施が3月27日に閣議決定され、官民合同の東ティモール選挙監視団の派遣が決まりました。この選挙監視団に、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)海外事業部スタッフで東ティモール支援事業を担当している牛田眞也子が参加します。

東ティモールでは昨年の春以降、混乱が続いていますが、今回の選挙は国づくりに向けた大きな一歩です。国連も安保理決議(1745号)などを通じ、国際社会に対し、選挙監視などの協力を求めています。
選挙監視団は、国家公務員5人と民間人9人で構成され、民間人のうち2人は東ティモールなどの支援にかかわってきたNPO関係者です。
牛田は、現在は主に東京事務局で東ティモール支援事業を担当しているほか、2006年7月から混乱による国内避難民の緊急支援のために現地入りし、2007年も現地に入って支援活動を行っています。
監視団の14人は4月3日の出発式の後、4月初旬に現地に入り、選挙監視業務にあたる予定です。
関連レポート
現地活動ルポ:東ティモール

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について