fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2022.4.21

【スリランカ】独立後最悪の経済危機、スリランカへの緊急支援寄付のお願い

スリランカ 海外人道支援

数々の史跡や豊かな自然に恵まれるインド洋の島国であるスリランカは、「インド洋の真珠」とも呼ばれ、多くの人々に親しまれています。しかし、今そのスリランカは1948年のイギリスからの独立以来最悪の経済危機に直面しています。
 
4月1日、経済危機に反発する市民の抗議活動が拡大していることを受け、政府はスリランカ全土に非常事態宣言を発令したほか、2日に夜間外出禁止令を発令、3日にSNSもブロックしました。しかし、その後も全土で抗議活動は収まらず、多くの逮捕者もでています。
 


4月19日 ピースウィンズ・ジャパンの活動地であるトリンコマリー県でも200人を超えるデモ隊が集結した。

 
経済危機の原因としては、新型コロナウイルスのパンデミックによる観光産業への影響、政府による減税政策の失敗、中国などへの対外債務返済が国家財政を圧迫していることが挙げられ、その結果、外貨準備高が大幅に減少し、燃料やガス、医薬品、食料品などを含むすべての輸入品の決済が滞ったことで、燃料不足、ガス不足、物資不足などが深刻化しています。また、干ばつの影響もあり水力発電からの電力供給も減り、燃料による火力発電に頼らざるを得ない状態となりましたが、経済危機により火力発電に回せる燃料も不足し、3月当初から現在まで、毎日6時間から13時間の停電が全国的に発生しています。
 
人々への生活の影響
・急激な物価上昇と燃料不足(原油、ガソリン、軽油、発電用燃料等)
 
・病院では医薬品が不足し、治療ができない状況
 
・発電に必要な燃料を調達できないため、3月末から一日13時間の計画停電
 


ガソリンスタンドには連日長蛇の列ができ、並んでいる間に熱中症で亡くなった方もいる。

 
特に昨年度末から続く生活必需品の物価高騰と医薬品・電力不足によって病院で医療を受けられないなど国民生活への影響は深刻です。スリランカの経済回復の見通しも立っておらず、専門家の間では、この危機的状況が長期化することも懸念されています。
そこでピースウィンズ・ジャパンは経済危機に直面するスリランカに対して、緊急支援を検討していますが、資金が不足しています。生活に苦しむスリランカの人々を救うべく、皆様からのご寄付をどうぞよろしくお願いします。
 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「スリランカ支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
■遺贈・相続財産からのご寄付も承ります
資料請求・お問合せはこちらから:
https://krs.bz/pwjpr/m/legacygiving?e_1744=1&e_1743=1
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は広島県により認定された「認定NPO法人」です。
ピースウィンズ・ジャパンへの寄附は、寄附金控除の対象となります。 
https://peace-winds.org/support/deduction

ピースウィンズ・ジャパン寄附金等取扱規程(2021年3月19日適用開始)
https://peace-winds.org/support/pdf/A13kihukin_20210319.pdf

一覧へ戻る

ご支援・参加のお願い

寄付控除について

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について