ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2012.2.14

【南スーダン緊急支援続報】飲み水用の消毒タブレットなどを提供へ

南スーダン 海外人道支援

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、南スーダン共和国ジョングレイ州ピボール郡で2011年の年末から激化したローヌエル族とムルレ族との衝突を逃れて、避難した人びとを対象に、2度にわたり、水・粉ミルク・塩・砂糖・ビスケット・シーツなどの緊急物資を配布しました。

%83X%81%5B%83_%83%933.jpg%83X%81%5B%83_%83%934.jpg

(左)PWJの支援物資
(右)PWJの物資をピボールに運ぶヘリコプター (C)PWJ


ピボール郡への本格的な攻撃は1週間続き、約9万頭の牛が奪われ、家々が焼かれ、住民の生活に必要な井戸までもが破壊されました。少なくとも3,000人が死亡したとの一部のメディアの報道もあり、この犠牲者の数は、昨年1年間の死者数の2倍以上にのぼっていることからも、今回の攻撃がきわめて大きいものだったことがわかります。

%83X%81%5B%83_%83%931.jpg%83X%81%5B%83_%83%932.jpg

(左)食糧配布を待つピボールの村人
(右)PWJ配布のビスケットをもらった子供 (C)PWJ

現地の状況が鎮静化するにつれて、1月21日までに76,664人の人びとがピボール郡に戻ってきています。PWJの支援物資の配布を担当したパートナー団体からの情報では、町の市場が完全に機能しておらず食糧が不足しているとのことです。また飲み水も、井戸水が絶対的に不足していることから、多くの住民が衛生的でない川の水などを飲むしか手立てがないため、PWJでは新たに水を飲用に適するよう消毒するタブレットを調達し、現地で配布するための準備をすでに整えています。
今回の武力衝突で100人近い子どもたちが両親を失くしたとされており、彼らに対する支援が必要との声も上がっています。合計で12万人を超える避難民が帰還するともいわれており、避難民はさらに困難な生活を強いられることが予想されるため、PWJは引き続き支援のニーズを確認し、対応していく予定です。
【南スーダン支援 募金を受け付けています】
◇ホームページからクレジットカード、イーバンク銀行を通じてご寄付が可能です。
ご寄付はこちらから
◇郵便振替口座:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄:「南スーダン」と明記してください。
・前回の緊急支援はこちらから
これまでの現地活動ルポ
「みんなの井戸建設プロジェクト」特設ページ

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について