ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2012.1.6

【南スーダン緊急支援】民族間の衝突を逃れた住民に食糧・物資を配布

南スーダン 海外人道支援

 ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、2006年度より南スーダンのジョングレイ州などにおいて、井戸掘削など水・衛生分野を中心とした支援を実施してきました。同地域では、これまで長い間、家畜の奪い合いなどをめぐる民族間の争いが続いていました。
 2011年暮れからは、ジョングレイ州ピボール郡においてローヌエル族によるムルレ族への武力攻撃が激化しました。特に、武装集団により道路が封鎖されて孤立しているピボールタウンでは、女性や子ども、老人など、逃げ遅れた住民が、食糧や水などの必需品が入手できずに困窮しているとの情報を受け、PWJは緊急支援物資の配布を行うことを決定しました。

01SDN_heli.JPG

PWJの物資をピボールへ運ぶWFPヘリコプター (C)PWJ


第1弾の緊急支援として、2011年12月31日、PWJは非常食であるエナジービスケット100箱(12,000袋)を購入し、国連食糧計画(WFP)の協力の下、ヘリコプターで空輸を行い、ピボールタウンに取り残された住民のうち約300人へ物資配布を行いました。
 ビスケットを受け取った人びとからは、「治安の悪化に伴い、他団体の支援がまったく届いていない中、PWJは支援を届けてくれた」と感謝の声が寄せられました。WFPの配布食糧は小麦粉・豆・食用油などで、すぐに食べられるものがなかったため、PWJはビスケットを支援することにしました。
 またその後も、現地で配布にあたったパートナー団体の情報に基づいて、2012年1月6日に第2弾の支援を実施しました。
配布品目は以下のとおりです。
・水
・粉ミルク
・塩、砂糖
・ビスケット
・シーツ

02SDN_heli.JPG 03SDN_staff.JPG

物資の積み込みを行うPWJスタッフ (C)PWJ

難を逃れた人びとが地域内でどのような状況に置かれているか、詳細については、なお不明ですが、数万人規模の避難民がさらに困難な生活を強いられることが予想されており、PWJは引き続き情勢を注視しながら今後の対応を検討していきます。
【南スーダン支援 募金を受け付けています】
◇ホームページからクレジットカード、イーバンク銀行を通じてご寄付が可能です。
ご寄付はこちらから
◇郵便振替口座:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄:「南スーダン」と明記してください。
これまでの現地活動ルポ
「みんなの井戸建設プロジェクト」特設ページ

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について