fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2020.10.16

【南スーダン】マハド国内避難民キャンプでのゴミ管理支援

南スーダン 海外人道支援

ピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)は、首都ジュバにあるマハド国内避難民キャンプで給水衛生支援を実施しています。現在7,752人の人口を抱えるマハド国内避難民キャンプは、紛争によって故郷を追われた国内避難民のため、イスラム教徒のコミュニティがマハド地区にある学校の敷地内に滞在場所を提供したことから開設されました。PWJはこのキャンプで給水衛生支援を実施する唯一の団体として、安全な水へのアクセスや衛生環境の改善を目指し、日々活動を行っています。その一環として、2019年9月より、給水所や水浴び場、共用トイレの整備や衛生普及活動に加えて、キャンプでのゴミ回収と廃棄輸送を開始しました。


PWJの支援開始前キャンプ内に廃棄されたゴミ

 

ジュバ市内のゴミの回収や処理は現地政府が行っていますが、国内避難民キャンプでは、政府によるゴミ回収は行われていません。そのため、ゴミ処理に困ったキャンプの人々は家庭や日用ゴミをキャンプ内やキャンプ横を流れるナイル川に許可のないまま廃棄しており、これが衛生上および環境上の問題となり、ナイル川の水を炊事洗濯に使用するジュバ市民から苦情が寄せられています。それでもゴミを処理する必要はあるため、人目を避け夜間にひっそりとゴミ捨てに行った女性がレイプ被害に遭うといった事例も報告されています。


PWJによるゴミ回収・廃棄輸送活動の様子

 

このような状況を受け、キャンプ管理委員会や他の支援団体との調整のもと、PWJは定期的にマハド国内避難民キャンプでのゴミ回収と輸送を実施することとなりました。これにより、キャンプ内の衛生環境が向上し、ここに住む国内避難民の方々からも「レイプなどのリスクを伴う夜間のゴミ捨てを行う必要がなくなって嬉しい。」「PWJのおかげでキャンプ内に衛生的な居住環境が整った。」といった喜びの声をいただいています。

 

PWJは今後も、マハド国内避難民キャンプで暮らす人々をはじめ、南スーダン国内で支援を必要とする人々の生活環境の改善のため、活動を続けてまいります。応援どうぞよろしくお願いいたします。

========================
■クレジットカードでの受付

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「南スーダン事業支援寄付」と明記してください。

■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。

※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について