fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2020.8.25

【南スーダン】事務所スタッフ紹介~レジナ・ヒラリーさん編~

南スーダン 海外人道支援

ピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)の南スーダン・ジュバ事務所では、2020年8月現在、計11名のスタッフが勤務しています。
今回は、2019年7月よりPWJジュバ事務所でオフィスアシスタントとして働いているレジナ・ヒラリーさんをご紹介させていただきます。
====
南スーダン中央エクアトリア州出身のレジナ・ヒラリーです。PWJジュバ事務所でオフィスアシスタントとして勤務しています。また、私はジュバ大学で学生として経済学を専攻しています。今年2月に最後の履修学期が終わり、11月に予定されている卒業式を待っています。

私の主な仕事は、ジュバ事務所の総務補佐、オフィス環境の整備と、現在実施中の給水衛生支援の補佐です。事務所では、安全管理の観点から人の出入りを制限しているので、インターフォンで来訪者を確認し、来訪先の職員と予定を確認してから入所を許可します。こうした日々の訪問者応対に加え、他のスタッフが働きやすい環境を整備するため事務所の清掃も担当し、書類整備などの事務補佐まで幅広い仕事を担当しています。
 


マハドIDPキャンプ月経衛生管理尊厳キット配布の準備をするレジナさん(中央左)

 

また、PWJが実施する給水衛生支援事業地の国内避難民キャンプやホストコミュニティを訪問し、活動実施の補佐やモニタリングも行っています。これまで、マハド国内避難民キャンプでの月経衛生管理のための尊厳キット配布や、ドンボスコ国内避難民キャンプでの仮設共用トイレ修理、ゴンドコロでの世帯トイレスラブ配布などの補佐やモニタリングを行ってきました。
 


事業地であるゴンドコロ島へモニタリングに行くレジナさん(中央左)

 
PWJに入職して1年が経ちましたが、私はPWJの仕事が大好きです。同僚たちは皆接しやすく、謙虚で親切なため、とても働きやすい環境です。また、地域の人々からも評判の良いこの団体で働けることを本当に嬉しく思っています。

私は、人間は決して1人では生きていけないと思っています。そして、能率を上げ、ミスを減らし、より良い仕事をするために、チームワークはとても重要だと思います。いつも私のモチベーションを上げ、支えてくれるPWJジュバ事務所の同僚たちには心から感謝しています。

====

ヒラリーさんはどんな仕事にも積極的で、向上心を持って取り組む素敵な女性です。今後もPWJは、ヒラリーさんを始めとしたスタッフで一致団結し、南スーダンの脆弱性の高い人々への支援を続けてまいります。引き続き応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「南スーダン事業支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について