ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

イラクの現地活動ルポ

イラクの現地活動ルポ

【イラク】イラク事業現地代表が駐イラク特命全権大使の橋本氏より、表彰状を授与されました

2019.3.5

2月21日、イラク事業現地代表のカワ・サミ・サブリがこれまでのPWJでの活動を通じ、日本とイラクの相互理解と友好関係の促進へ貢献したとして、駐イラク特命全権大使の橋本尚文氏より、表彰状を授与されました。表彰式には橋本大使 [...]

【イラク】スレイマニヤ市ヒワがん病院リハビリテーションセンターの建設を終え、開所式を行いました。

2019.2.19

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、スレイマニヤ市ヒワがん病院の敷地内に、がん患者および血液疾患患者の方々が運動療法を行うためのリハビリテーションセンターを新設しました。 同センターの開所式には、在エルビル領事事務所森 [...]

【イラク】学校保健事業で感謝状をいただきました!

2018.12.26

PWJの学校保健支援に感謝状が送られました。 PWJではドホーク州にある4つの国内避難民キャンプの1年生から9年生を対象に、学校保健支援を実施しました。内科・耳鼻科・皮膚科・歯科・眼科の健診と治療、手洗いや歯磨きといった [...]

Chamishko_-20181225

【イラク】ノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラドさん

2018.12.11

今年、ノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラドさんは、ニネワ州シンジャール地区出身のヤジディ教徒です。PWJは、シンジャール地区をひとつの重要な活動エリアとしています。 ニネワ州の中でも北西の辺境地域であるこのあたりには [...]

GemaCeremonyInLarish2-20181218

【イラク】自治政府保健大臣がPWJの建設した母子病院を訪問

2018.10.11

イラク北部クルド自治地域ハラブジャ州にある母子病院はPWJが建てたもので、今年その修繕を行いました。9月13日に同州を訪問した自治政府保健大臣が、この母子病院を訪問、PWJ現地スタッフも院内の視察に随伴しました。 修繕を [...]

左から2番目がPWJスタッフ

【イラク】北部ドホーク州 洪水被害者への支援を実施

2018.5.31

2018年5月5日、イラク北部ドホーク州において、連日の豪雨により洪水が発生しました。この洪水によりピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の事務所があるドホーク市内では4名が亡くなりました。また、川沿いに住んでいる世帯の家が [...]

生活物資を配布する現地スタッフ

【イラク】シェルター建設支援で避難生活を改善

2017.4.11

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は昨年5月以降、国内避難民やシリア難民であふれるイラク北部で、避難生活の支えとなるシェルターを建設する支援活動を続けてきました。マイナス10℃前後にもなる厳しい寒さや風雨をしのぎ、安全や [...]

建設途中で放置された廃墟に住み着く難民たち=2014年8月10日、イラク北部ドホーク州

【イラク】厳しい冬を越せるよう、イラク国内避難民や地元住民への灯油配布を開始

2016.12.19

イラクでは、夏の猛暑が嘘のように朝晩冷え込む雨季がやってきました。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が支援活動を行うイラク北部のスレイマニヤ州の冬は、アルビル州やドホーク州と比べて冷たく吹きつける風が特徴で、ときに車がひ [...]

イラク

【イラク】国内避難民増加で水不足の問題も~井戸掘削の支援実施~

2016.12.6

イラクでは現在、戦闘から逃れるために約311万人が避難し、そのうち約92万人がイラク北部クルド人自治区において避難生活を余儀なくされています。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)はそうした国内避難民を対象に、教育、保健、水 [...]

イラク

【イラク】モスル奪還作戦の本格開始を受けて

2016.10.23

2016年10月17日未明(日本時間の17日朝)、イラク政府によるイラク第2の都市モスルの奪還作戦が本格的に開始されました。イラクでは、戦闘を逃れるために国内避難民が急増しています。 モスル周辺地域から逃れてきた国内避難 [...]

イラク

ページのトップへ戻る