ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

インドネシアの現地活動ルポ

インドネシアの現地活動ルポ

【インドネシア スラウェシ島】「Palu Bangkit!」(もう一度立ち上がろう、パル)

2018.12.12

2018年9月28日にスラウェシ島パルで起きた地震が引き起こした津波、液状化現象、土砂災害による死者数は2,100名を超え、行方不明者の数は10,000人を超えるとも言われています。 PWJは現在、被災した人々6000世 [...]

s-2018-12-11-20181212

【インドネシアから ”Arigatou!”】

2018.11.13

インドネシアに9月28日に発生した津波と地震災害は11月6日時点でも211,000人を超える人々がパル、ドンガラ、シギの3郡において942箇所に点在する避難所における生活を余儀なくされています。この震災によって多くの方々 [...]

INDPWL Beneficiary 1

インドネシア事業終了報告

2010.12.17

2009年9月30日にインドネシアのスマトラ島西部パダン沖で起こった地震から1年以上が経ちました。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、被災直後に現地入りし、物資の緊急配布などの支援を行いました。その後は復興に向け、地元 [...]

震災からの復興に向けて給水施設建設を支援

2010.5.21

2009年9月30日にインドネシアのスマトラ島西部パダン沖で起こった地震による被害を受け、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、10月5日より物資の緊急配布などの支援を行いました。現在は、被災からの復興に向けて、農村部6 [...]

【スマトラ島沖地震】物資の配給を開始しました

2009.10.7

2009年9月30日に起こった地震による被害を受け、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は10月5日より物資の緊急配布を開始しています。被災した村をまわって調査・配給作業にあたっている山元めぐみより報告が届きました。

【スマトラ島沖地震】パダン・パリアマン県で水や即席麺配布へ

2009.10.5

9月30日にインドネシア・スマトラ島西部で発生した地震で、日本人スタッフを現地に派遣しているNGOピースウィンズ・ジャパン(PWJ、本部=東京都渋谷区、代表理事=大西健丞)は、地震による土砂崩れなどで大きな被害が出ている [...]

【スマトラ島沖地震】PWJ國田が被災地入り、現地から写真

2009.10.3

9月30日にインドネシア・スマトラ島西部で発生した地震で、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は現地で支援活動を開始することを想定し、被災状況や支援ニーズを確認するため、日本人スタッフ2人を10月2日朝、現地へ向けて出発さ [...]

【スマトラ島沖地震】日本人スタッフ2人が2日出発 被災状況を確認、支援を検討

2009.10.1

9月30日日本時間午後7時16分ごろ、インドネシア・スマトラ島西部で発生した地震で大きな被害が出ていることから、NGOピースウィンズ・ジャパン(PWJ、本部=東京都渋谷区、代表理事=大西健丞)は現地で支援活動を開始するこ [...]

【スマトラ沖地震】支援実施の可能性も想定して情報収集

2009.10.1

日本時間9月30日午後7時15分すぎに発生したインドネシア・スマトラ沖地震で、がれきの下に数千人が生き埋めになっているとの情報もあるなど、大きな被害が出ています。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)では、支援実施の可能性も [...]

ムラボー地域の復興支援をより重点的に

2005.11.2

2004年12月のスマトラ島沖地震・津波から約10カ月。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は災害発生直後から、アチェ州の州都バンダアチェと、西海岸のムラボー周辺で被災者支援活動を続けてきましたが、支援に関する現地の状況を [...]

ページのトップへ戻る