fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2021.11.12

【ネパール】新型コロナウィルス感染拡大を防ぐために

ネパール 海外人道支援

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、シンドゥパルチョーク郡における新型コロナウィルス感染症対策事業として、隔離センターを支援しています。2つの新規センターと、2つの既存のセンターにおいて、新型コロナウィルス罹患者の方が安全・安楽な環境で療養できるよう、新しく計70ベッドを整え、医療機器や210名分の療養に必要な医療資材・物品を提供しました。
 
この地域は、中山間部に位置し、もともと医療・保健へのアクセスはよくありません。村によっては医療施設まで、15~40キロの山道を歩かねばならず、医療施設にたどりつけたとしても、病床の空きがなければ入院はできません。
 
ネパールで、新型コロナ感染症変異株(デルタ変異株)が大流行した今年の4~5月には、この地域でも陽性者数が激増したために病床がひっ迫し、隔離センターへの入院を断らざるを得ない状況だったそうです。
 
PWJは、現地NGOであるISAP(アイサップ)と協力し、地域内のアクセスしやすい場所にある隔離センターがきちんと整備されるよう、自治体や地域住民と話し合いを重ねてきました。
目的は、次に感染拡大の大きな波がきた際には、陽性者を適切かつ効率的に管理し、地域での感染拡大を抑えられることです。
 


スンコシ地区の隔離センターヘの医療機器・物品の引渡し

 
今回の事業では、シンドゥパルチョーク郡の4つの地域、バレフィ地区、スンコシ地区、パンチポカリ地区、トリプラスンダリ地区にある隔離センターを対象としました。
より多くの人が隔離施設を利用できるよう、不足していたベッドやマットレス、シーツ、毛布、医療関係者用のマスクや消毒液などを提供しました。また、酸素濃縮器や酸素濃度計、体温計、血圧計、血糖測定器など重要な医療機器など受け入れた罹患者の症状を観察・管理できるよう環境を整備しました。
 
抗原検査キットも提供しました。事業開始前は、キットの在庫が底をついており、約2か月にわたって検査ができない状況が続いていました。抗原検査キットは、専門的な設備が必要なPCR検査よりも使用しやすく、医療アクセスの悪いこの地域においては罹患者の早期発見にとって非常に重要です。今回の支援で、抗原検査キットを届けてすぐ、検査が再開されていることを確認し、新型コロナ感染症の判定がいかに重要か、再確認することができました。
 
感染拡大を抑えるためには、正しい知識を伝えることも大切です。
例えば、マスク着用はネパールでも一般的になっていますが、正しいつけ方、外し方、取り換えるタイミングなどについては、正しい情報を知らない人も多くいます。そこで、啓発用のポスターを作成しました。地域のヘルスポストやヘルスユニット、役場など人が多く利用する場所に掲示しています。持ち歩き用の小さなサイズも作成し、ヘルス・ボランティアによる家庭訪問の際に使ってもらっています。
また、地域の人々が最もよく聞いている2つのコミュニティラジオ(ラジオ・シンハとラジオ・スンコシ)で5分程度の啓発放送も開始しました。親子の会話形式にして、正しい予防方法やワクチン情報をわかりやすく伝え、隔離センターに関する情報も発信しています。
 


トリプラスンダリ地区のヘルスワーカーへ持ち歩き用啓発ポスターの内容を説明するプロジェクトスタッフ
 

パンチポカリ地区で唯一新型コロナ感染症罹患者受け入れを行っているティペニ病院。感染拡大に備え、詰め替えられたばかりの酸素ボンベが並べられている

 
2021年10月現在、ネパール政府の感染拡大予防措置もあって、幸いにも新規感染者数は減少してきています。しかし、2021年4月末から5月頃、ネパールの感染拡大第2波ピーク時には、尊い人命が失われただけではなく、都市部でも医療体制が圧迫されるほどの大きな打撃を被りました。ネパールの人々にとって、このような万一の事態を想定して備えておくことがいかに重要か、思い知らされた出来事でした。
 
今回の支援により、再び以前のような感染の大流行が起きたとしても、整備された隔離センターで陽性者を適切に管理し、さらには郡内の感染拡大を抑止できるようにすることが期待されています。
 
PWJは、この地域で活動する団体として、今後も地域の発展・安定のために支援を継続していきます。
 
 
この事業は、ジャパン・プラットフォームの助成や個人・法人の皆様のご支援を受け、ネパール政府や地元の方々のご協力を得て実施しております。引き続き皆様からのあたたかいご支援をお待ちしております。
 
■ご寄付について
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンネパール事業支援寄付
通信欄 :「ネパール事業支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2019年12月19日、広島県より「認定NPO法人」に再認定されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※ピースウィンズ・ジャパン寄付金等取扱規程はこちらから:寄付金等取扱規程

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について