fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2020.4.13

【ネパール】安全な水を村人に

ネパール 海外人道支援

PWJは提携団体であるInstitution for Suitable Actions for Prosperity(ISAP)とともに、2018年2月から2020年2月にネパールのシンドゥパルチョーク郡の5つの集落で、給水施設の建設に取り組みました。
皆様のご支援ご協力により、2月28日に無事、給水施設を村人に引渡す式典を行うことができました。皆様からの多くの励ましのお言葉、ご支援に厚く感謝申し上げます。

完成した水栓(洗濯をしたり、身なりを整えたりしている女性たち。)

式典にて水利用者委員会の代表であるPramod Tamangさんは、今までの水不足により村人が直面した多くの困難を振り返りました。
 
シンドパルチョーク郡は元々、水不足に悩まされていた山岳地域でした。しかし2015年の地震の後は、湧き水の場所が変わってしまい、更に困難になった地域のひとつです。
地震後に見つけた新たな湧き水の場所まで片道1時間ほどかけて、老若男女関係なく家族みんなで交代で水くみに行く家庭もありました。また、湧き水自体も不十分な水量であったため、洗濯や入浴の回数も少なくなることもありました。
十分な水の確保は難しく、土地は枯れ、収入源である農業は雨季の雨に頼るしかない状況になり、人々の生活は年々苦しくなっていました。
 
今回の支援で給水施設が建設されたことにより、飲み水だけでなく、生活にも利用可能な水量が集落の中に供給されるようになった今、Pramod Tamangさんは「これからは収入向上の為に年中農業を行っていこう!」と村人たちに嬉しそうに呼びかけます。
5人の子供と、麻痺を患っている義理の母の面倒を見ながら、農業と家事に追われていたSushila Bhandariさんは、「今までは、安全な飲み水を確保するだけで精一杯でした。農業は、私が家族を養う唯一の手段です。水が無ければ、野菜を作ることも、ましてや売ることもできません。これからは、飲み水の不足に悩むことなく、農作物にも十分に水を撒くことができます。収入を得て、家族にご飯を食べさせ、子どもに教育を受けさせることもできます。」
 
市長のShraman Kumarさんや村長のRam Kumar Thapaさんも「今日が終わりではない。これからは、この水を絶やさないように村人みんなでこの施設を管理していこう。」と定期的な給水設備の清掃やメンテナンス呼びかけます。住民は今まで給水施設の建設にも携わってきており、施設に愛着を持ち、大切に使っています。今の想いのまま、適切な管理を今後も行っていけば、20年間供給し続けることができます。
 

配管作
業を手伝う村人たち

これから村人の新しい生活が始まります。引き続きPWJとISAPは、同郡への給水施設の建設に加え、その水を利用した農業支援による生活・生計向上改善事業を実施してまいります。今まで飲み水の確保に困っていた人々が、今後は農業にも水を利用し、定期的な収入を得ることができるようになるかもしれません。
 
この事業は、外務省日本NGO連携無償資金のご支援を受け、ネパール政府や地元の方々のご協力を得て実施しました。
引き続き、皆様からのあたたかいご支援をお待ちしております。
 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「ネパール事業支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について