fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2008.6.6

広島県と県内企業の提供物資をミャンマーで配布へ

ミャンマー 海外人道支援

【プレスリリース】
ミャンマーでサイクロン被災者の支援を進めているNGOピースウィンズ・ジャパン(PWJ、本部=東京都渋谷区、代表理事=大西健丞)は、広島県が提供するビニールシート1500枚と、株式会社サタケ(本社=広島県東広島市)が提供するインスタントライス13000食を現地で配布することになりました。物資はいずれも無償で提供され、ミャンマーまでの輸送はバンコクエアウェイズ、広島県トラック協会の無償協力によって実現します。

PWJは、ミャンマー商工会議所連盟と連携してサイクロン「ナルギス」の被災者の支援にあたることを決め、5月末から支援チームをミャンマー最大都市のヤンゴンに派遣。ジャパン・プラットフォーム(JPF)の協力も得て、被害がとくに大きかったエヤワディ管区、ヤンゴン管区内で、計約10000世帯に調理用品や衛生用品、補助食品、毛布・衣類などの物資を配布する計画です。
広島県は、JPFと連携し、県民参加による国際貢献プロジェクトを2007年から進めています。ビニールシートは、ミャンマーへの物資輸送事業を行うJPFからの要請に基づき、県の災害用備蓄物資の中から提供されます。また、県から呼びかけを受けたサタケは、同プロジェクトの趣旨に賛同し、水を入れるだけで食べられるインスタントライスを提供。広島県トラック協会が広島空港までの陸上輸送に、バンコクエアウェイズがヤンゴン空港までの空輸に協力することになり、来週後半以降に広島空港を飛び立ちます。
PWJは2007年11月、広島県尾道市に国内初の地方事務所を開き、高校での出前講座をはじめ、県とJPFが進める国際貢献プロジェクトに積極的に参加・協力してきました。今回の提供物資は、広島からミャンマーの被災者への目に見える支援として、対象世帯の一部にPWJが直接届けます。
【緊急募金口座】
クレジットカードによる募金はこちらから
イーバンク銀行に口座をお持ちの方はこちらから
◇郵便振替口座:00160-3-179641
   口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
   通信欄 :ミャンマーと明記してください。
PDF版(配布したリリースと同様の体裁)は、こちら

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について