fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2021.2.4

【ミャンマー】非常事態宣言下の現地より状況に関するレポートが届きました

ミャンマー 海外人道支援

ピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)は、ミャンマー南東部の水不足が深刻な村で、給水支援や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防も含めた衛生改善活動を行っています。

2021年2月1日早朝から、調整事務所のあるヤンゴンやフィールド事務所のあるカレン州パアンでも一時、電話やインターネット等がつながらなくなり、PWJではフィールドでの活動を一時中断しました。その後、同日午後には通信が部分的に回復したので、スタッフ
の安全を確認し、事態を注視しながら情報収集を行い、活動再開への準備を行っています。

2月3日現在、フィールド事務所のあるパアンの治安は落ち着いており、他団体の事務所も開いているとの報告を受けています。PWJ国際スタッフが滞在中のヤンゴン市内の様子は、事務所周辺から把握できる限りは落ち着いています。2日には市内で軍支持者のデモ
がありましたが、混乱があったという情報はまだありません。人通りは普段よりかなり少ないものの、バスやタクシーも減便しながら運行しており、スーパーマーケットやその他の商店も時間を短縮して営業しています。朝の市場でも新鮮な野菜も売られていました。

近所のスーパーマーケットへ当面の食糧買い出しに出かけたところ、インスタント食品や米、水など保存食を買い込む人々の姿がみられました。COVID-19感染拡大防止のため、ミャンマー政府は、昨年4月頃から、都市部を中心に時短営業や在宅勤務、休業政策を取ってきましたが、今回は夜間外出禁止令が午前0時-4時から午後8時―翌朝6時に拡大され、タクシーやフードデリバリーサービスの営業時間も短縮されたことにより、規制が強まった形です。

今後の展開が不透明な中、現在のところ人々は努めて平静を保っているように見えますが、ヤンゴンでは医療従事者の職務ボイコットなどが計画されるなど、予断を許さない状況です。すでにCOVID-19で深刻な経済的・社会的な打撃を長期間にわたって受けている
ミャンマーの人々の生活に、今回の事態が与えるさらなる影響が懸念されます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について