ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

MYANMAR ミャンマー

ミャンマーでの活動

現在の活動国・地域

緊急支援/復旧・復興支援活動

2008年5月〜2009年8月、2013年5月~

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)のミャンマーでの最初の活動は、2008年5月に発生したサイクロン「ナルギス」の被害者に対する緊急救援でした。台所用品や衣類など27品目が入った緊急生活物資を10,000家族に配布し、続いて復興支援として道路や学校、僧院などのインフラ整備支援や生計支援を1年以上に渡り行いました。

その後、2011年以降にミャンマーでは政治状況が大きく変化し、民主化への道を歩み始めています。半世紀以上に渡り武力対立をしていた中央政府と少数民族との間では和平協議も進展し、隣国タイに逃れている約12万人のミャンマー難民(主にカレン族)が近い将来に帰還することも現実味をもってきました。こうした状況下、長期の内戦により社会開発が遅れ、また、難民の帰還先になると目されるカレン州の村において、水不足となる乾季(10~2月)でも地域住民が安全な飲料水にアクセスできるよう、PWJは井戸などの給水設備の建設や修繕を行う事業を2013年にスタートさせました。乾季の水不足の一方で、カレン州では雨季(6~9月)になると大量の雨やインフラの未整備のために河川の氾濫などから洪水に見舞われる村が多いため、2014年からは防災事業も開始しました。防災連絡調整会議の開催、村の防災計画の策定、早期警報システムの構築、防災訓練などを実施しています。

2015年、豪雨に襲われたミャンマーは全土で大規模な洪水被害が発生しました。PWJは被災地での緊急救援物資の配布に引き続き、被災者の生活再建のための被災農地の再耕、損壊した衛生関連設備(トイレ、井戸など)や学校施設の修繕、防災設備(種子シェルター)の建設など、早期回復支援事業を展開しています。

支援を受けた人からのメッセージ

カレン州ラインブエ・タウンシップのタンドー村に暮らす女性

この村の水源は川しかありませんでした。川への水汲みはとても重労 働で時間がかかります。また、雨が降ると川にた くさんのゴミが流れてくるため、隣の村までバイクで水を汲みに行かなければなりませんでした。 PWJの建設した井戸のおかげで村人は一年中安全な水を手に入れることができるようになりました。 ありがとうございます。

エヤワディ管区のピヤポン地区に暮らす女性

PWJの活動全般を支援する

ミャンマーの現地活動ルポ

【ミャンマー】虫歯・感染症予防講習を実施

2019.4.8

「あ!い!う!べぇ~!」声を出すたびに村人たちの間で笑いが巻き起こりました。 “あいうべ体操”です。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が実施する衛生知識向上活動の一環として、2019年3月4日~8日に歯科医の松本敏秀先生 [...]

MOFA3,20190308,辻さん撮影,Kawt Ka Thaung

【ミャンマー】2017~2018年 / カレン州での給水システム提供プロジェクト

2018.4.20

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、2013年より継続してミャンマーのカレン州において、安全な飲料水を確保するための給水設備の建設や修繕を行っています。今回は主 [...]

aftereq

【ミャンマー/広島】ミャンマーの研修生受け入れ支援-地域発信型国際協力の在り方を探る

2016.3.9

広島(神石高原)

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は現在、ミャンマーの福祉人材育成支援事業の一環として、同国で障がいを持つ当事者の人びとが設立したローカルNGO「Myanmar Independent Living Initiative [...]

広島

現地活動ルポを全て見る

ページのトップへ戻る