fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2020.7.16

【モザンビーク】安全な水の確保に向けて~サイクロン被災支援~

モザンビーク 海外人道支援


PWJの支援活動で設置した給水場で、給水をする住民たち

 
場所はこちら:

2019年3月、地球温暖化の影響も受けて巨大化したサイクロン・イダイに直撃されたモザンビーク共和国。中でも最も被害が大きかったソファラ州の州都ベイラに拠点を置き、PWJは現在も緊急・復興支援活動を継続しています。

ソファラ州では災害によって住居を失った住民に対して、その移住先としてモザンビーク政府が22ヶ所の地域を「再定住地域」と指定し、4万7000人以上の人々が移住を余儀なくされました。しかし、安心して生活できる環境とは未だ言えず、約25%の人々は安全な水さえ確保できていません。例えば蓋がされていない井戸を利用していた地域ではサイクロンによって井戸に泥水が混入してしまったために、居住地から徒歩で30分かけて川水を汲みに行っているといった状況が報告されています。

そこで被災約半年後の8月からPWJは、生活に欠かせない飲料水確保の持続的なニーズに応えるために給水場の設置活動を開始しました。
具体的には、井戸を掘削して、手押しポンプを設置する小規模な給水場(給水量:約3,000リットル/日)の設置、井戸に水中ポンプを設置して、太陽光発電によってポンプを稼働させ、高架式タンクに井戸水を送り(給水量:16,000リットル以上/日)、後は重力によって数百メートル離れた給水場まで届ける給水システムの構築などです。


手押しポンプ給水場


ソーラーパネル付き高架式タンクを使用した給水システム

モザンビークでは、設置の容易さと機材が安価であることから手押しポンプ式の給水場を多く目にしますが、特に再定住地域のように直径1~2kmの範囲に800人を超える人口を有する地域ではこの給水システムが適しています。

それぞれの地域に合わせ、12箇所の給水場を設置し、合計で約1,367世帯(約6,835人)へ毎日安全な水を届けています。

また、地域住民で結成される委員会を組織して、給水場の維持管理を行うだけでなく、利用者である周辺住民に給水容器の洗浄や自宅での手洗いといった衛生活動を実施し、食あたりからコレラなどの感染症を予防する活動も行っています。水管理委員会が中心となって地域住民に対する集会を開き、衛生活動に関する寸劇を披露して住民の衛生行動への理解促進も行われました。

現在、新型コロナウイルス感染症がモザンビーク国内に感染拡大していることから、集会活動は中断せざるを得なくなりましたが、既に設置した給水設備が住民たちの感染予防に役立つよう、現地スタッフから水管理委員会への適切な維持管理の指導助言を継続して行っています。


水管理委員会メンバーが寸劇を通して、住民に衛生の大切さを伝える

今後も居住地域への給水場の設置、ならびに水管理委員会の設立とその活動支援、さらには地域住民の健康生活と医療を支える地域病院でも給水設備の改善支援を行うことで、多くのサイクロン被災者が安心した生活を取り戻せるよう貢献していきます。

モザンビーク事業現地駐在員 大塚教二巳


衛生集会で住民と委員会メンバーたちと大塚駐在員

※本事業はジャパン・プラットフォームからの助成金や個人・法人の皆さまからの寄付金により実施しています。-
 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「モザンビーク サイクロン被災者支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について