ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

災害緊急支援

Readyservice

2019.10.8

【モザンビーク】サイクロン被災から6か月。農業研修と畑の再開

モザンビーク 災害緊急支援

サイクロン・イダイによる被災から6か月が過ぎました。
ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、サイクロンで被災した人々の生活再建のため、5月後半から7月にかけて、1,987世帯に農業資材を配りました。。

受け取った農業資材は、その後、どのように活用されているのでしょうか?

配布したソファラ州メトシラ再定住地域を訪れ、資材を受け取った13軒の家庭を訪問しました。

メトシラ再定住地域
(約260世帯2,080人が住む。出典:DTM Mozambique)

種をまき、再び農業をはじめることを待ちわびる人々

一軒ずつ家庭を訪問すると、ある家庭の住居の前には、小さな畑ができていました。住民は、「すでに種をまき、芽が出ている」という嬉しそうに報告してくれました。

他にも、「数十キロ離れた畑で、栽培中のトウモロコシの収穫を終えた後に、PWJから受け取った野菜の種まきを行う予定だ」という住民や、「住居の敷地内に畑を作る準備をしている」など、それぞれの家庭の農業計画があるようです。

どの家庭でも配布したジョウロや鍬(くわ)も大切に使われており、まだ使っていない種子は次の雨季に向けて、大切に保管している様子が分かりました。

受け取った農業用資材を大切に保管している男性
受け取った鍬を見せる女性
受け取ったジョウロを見せる女性

受け取った種をまき、既に芽が出ている様子

農業研修を実施、畑からは芽が

8月、PWJは再度メトシラ再定住地域を訪れました。
農作物は、大切な収入源です。配布した種を栽培して、生計に繋げることができるよう、適切な栽培方法を身につけてもらう必要があります。
PWJの農業コーディネーターが先生となり、メトシラ再定住地域の住民が抱える問題に答える形で研修を行いました。参加者の住民は一つ一つの説明に頷き、理解を深めていました。

農業研修の様子

研修を最前列で聴講していたジョアキン・ルーカスさんの自宅を訪問し、彼の家庭菜園を見学させてもらいました。ルーカスさんは、妻と幼い4人の子どもと一緒に、他の家庭と同様にテントで暮らしています。畑仕事は、夫婦2人で行っており、受け取った種子は、テントの前にある菜園と、住居から離れた川の近くにある畑に、すぐにまいたそうです。

「菜園にはレタス、トマト、ケール、キャベツ、玉ねぎを植えました。数日前にケールは収穫し、美味しく食べました」

と笑顔で教えてくれました。

再定住地域では灌漑設備がないため水が不足しており、畑に十分な量の水が撒けない状態です。

「今はボチボチですが、雨が降れば、野菜がもっと育ってくれるでしょう」

夕暮れの中、もうすぐやってくる雨季を待ちわびる思いを、静かに語ってくれました。

街を歩くとPWJが配布したジョウロを発見
ルーカスさんの家庭菜園の様子

メトシラ再定住地域では、家庭菜園を行っている家庭が増えてきました。土埃の舞う集落に緑が多く見られるようになったのです。

PWJの配布した種子が、どれだけ嬉しい収穫をもたらすか、今後もモニタリングを続けていきます。

本事業は、ジャパン・プラットフォームの助成金と皆様からの寄付によって行われています。継続的な支援を実施するために、皆さまからの温かなご支援・ご協力をお願い申し上げます。

 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「モザンビーク サイクロン 被災者支援」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について