ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2008.4.4

大統領も列席してゾルゾル女性活動ホールの引渡式

リベリア 海外人道支援

ロファ州ゾルゾル郡で女性活動ホールの引渡式が先週行われました。女性活動センターはもともとゾルゾル郡が所有している建物でしたが、戦後は屋根や壁が崩壊していて使用されていませんでした。地元行政と女性グループからの要請を受けて、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の資金を元に、ホール建物の改修を行いました。

ゾルゾル郡はPWJの事務所があるボインジャマから約80キロ、車で2時間ほどのところにあります。以前に、PWJは小学校の再建事業なども実施しています。今回修復した女性センターの建物は、広い講堂のようになっていて、自由に色々な活動が行われるようになっています。倉庫として使える部屋もあります
引渡式には、リベリア共和国の大統領エレン・ジョンソン・サーリーフ氏も列席してくださり、「日本の友人の手助けに感謝しています」とPWJに感謝を表してくれました。また女性グループは、カラフルな民族衣装を来て大統領一行を歓迎し、ホール建物の前で踊りを踊って喜びを表現してくれました。

LIB080404_1.jpg
式典に来た着飾った女性たち
(C)PWJ/Shitau MIURA

ホールはゾルゾルの女性グループ代表に引き渡され、シンボルとして大きな鍵を渡しました。今後女性の活動が発展していくことを期待しています。

LIB080404_2.jpg
完成したセンターの正面にて、大きな鍵を渡しました
(C)UNHCR

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について