fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2007.10.15

国立高等専門学校に入学希望者が殺到

リベリア 海外人道支援

リベリアでは9月から新学期が始まり、ボインジャマ国立高等専門学校でもピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が再建した新校舎での授業が始まりました。新校舎ができたことにより、生徒数は大きく増加して、1078人になりました。教師数や設備のことを考えて、現在は生徒登録が停止されていますが、入学希望者はいまだに後を絶ちません。

多くの生徒で席が埋まる教室

多くの生徒で席が埋まる教室
(C)PWJ/Maho MIURA

このような状況のため、1クラスの人数は政府の定めている標準数をはるかに超えて、60人から80人ほどになり、生徒たちは教室にぎっしりとなって勉強しています。学校側では、午前と午後に分けて教室を使用していますが、それでも多数の入学希望者に対応しきれていません。
国連世界食糧計画(WFP)の支援により、給食用の食糧が配布されています。PWJが再建した台所がさっそく使われ、毎日調理が行われて給食が提供されています。

校舎のほか井戸も建設した食堂横の台所での給食調理

写真左:校舎のほか井戸も建設した
写真右:食堂横の台所での給食調理
(C)PWJ/Maho MIURA

学校側は職業科の再開を願っていましたが、残念ながら教育省より教師の派遣がかなわず、今年度は普通科のみの再開になりました。実際には、普通科のみでもまだまだ教師数が不足しています。PWJは校舎という外側を用意することはできましたが、実際に授業を行う教師の派遣や必要な資機材の用意など、今後の教育環境の整備は、リベリア政府がどれだけ責任を果たしていけるかにかかっています。
そのような状況の中でも、教室で一生懸命に勉強している生徒たちを見ると、リベリアの未来を背負っていく若者が育っていることを感じます。

教員用事務所内には仮の図書室も

教員用事務所内の仮の図書室
(C)PWJ/Maho MIURA

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について