fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2019.11.25

【ケニア】ISSB研修事業/ISSBブロックの製造をついに開始!

ケニア 海外人道支援

皆さん、こんにちは、ピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)で研修トレーナーをしているソウルといいます。私はPWJがケニア北東部ダダーブ難民キャンプ周辺に住む若者に対し実施しているISSB(Interlocking Stabilized Soil Block:土に水と少量のセメントを加え圧縮した日干し煉瓦)の研修を担当しています(ISSB研修の詳細はこちら)。私はISSBの機械を販売する会社でトレーナーやセールスマンとして5年間働いた後、自分が習得した技術を難民や周辺コミュニティの若者たちに提供したいと考え、2017年にPWJに加わりました。

小学校で、ISSB製造指導をする筆者(一番左)
ISSB教室の壁を積み上げる研修生

今年度の事業ではより実践的な技術を身につけるため、研修生たちがISSBを用いた地元小学校の教室建設に見習い工として従事しています。最近実施した調査において、難民キャンプ周辺コミュニティにおけるISSBの認知度が依然低いことがわかりました。この結果を受け、私たちは研修生と一緒に地元でISSBのことをもっと知ってもらうためのワークショップを開いたり、広報用パンフレットを配るなどISSBのPRにも力を入れています。

研修生と建設した地元小学校のISSB教室
地元のリーダー対象に行ったISSBワークショップ

上記小学校での実地訓練を受けて、研修生たちはブロック製造にもかなり自信をつけてきました。PRの成果もあってか、研修生の中から結成された8グループ中5グループが初めての顧客を獲得し、PWJからISSB機械を借りて、自分たちの手でISSBブロックの製造を始めています。そのうち1グループは地元住民から原料となる砂を運ぶためのトラックを借りるなど自分たちで積極的に行動する兆しも見えてきました。今後も、彼らが独り立ちできるまで、彼らと一緒に課題に取り組みながら、支援を行っていきたいと思います。皆様からの引き続きのご支援、よろしくお願い致します。

地元住民から借りたトラックに原料の赤土を積み込むグループのメンバー

顧客向けにブロック製造をするグループのメンバー

※本事業は、外務省NGO連携無償資金の助成金や皆さまのご寄付により実施しています。

 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「ケニア事業支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について