ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

地域復興・教育

Reconstruction

2012.12.2

気仙沼向洋高校ラグビー部に備品支援

日本 地域復興・教育

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、姉妹団体ピースウィンズ・アメリカ(PWA)を通じた米国からのご寄付で、宮城県気仙沼向洋高校に学校備品およびラグビー部に練習機材を支援しました。
▼関連記事
水産業の将来を担う子どもたちへ備品支援

10.jpg

気仙沼向洋高校ラグビー部の皆さん

気仙沼向洋高校のラグビー部は、1957年に創部した伝統あるクラブチームです。
東日本大震災の津波により、ラグビー部は練習機材などすべてを失ってしまいました。震災直後の授業は気仙沼市内の3つの高校に分かれて行われました。放課後の部活動は、3箇所から部員たちが集まるため練習時間が短くなり、また機材がない環境での練習メニューは限られていました。このような厳しい環境におかれていても、部員たちは熱心に活動を続けていました。
2011年12月に気仙沼高校の第2グラウンドに仮校舎が建設され、やっと全校生徒が一緒に学習および部活動できる環境になりました。
PWJはスクラムマシンやタックルバッグ、試合用のユニフォームを支援し、2012年9月に支援機材の引渡し式を行いました。

11.jpg
バッグを使用したタックルの練習
12.jpg
マシンを使用したスクラムの練習

「震災の経験だけでなく、たくさんの方から支援を受けた経験も、一生忘れません。ありがとうございました。」と式で3年生の部員が話してくれました。

13.jpg
仮設グラウンドで練習に励む部員

また、ラグビー部顧問の船引先生は「津波で部活動に必要な機材がすべて流されてしまいました。新しい練習機材でトレーニングを重ね、県レベル、そして全国レベルのチームになれるようにがんばります。ラグビーのチームプレイ精神を例えた言葉『one for all, all for one』がありますが、これからは、チームとご支援をいただいたすべての方と共に『ALL for One 』となり頑張っていきます。」と、意気込みを語ってくれました。

14.jpg
船引先生とPWAポーマン真理子

PWJは、今後も東北被災地のニーズに応えるため、復興支援に貢献していきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について