ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2012.8.29

岩手県大船渡市、陸前高田市で小規模事業者向け助成事業を実施

日本

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、岩手県大船渡市、陸前高田市にて、商工会議所・商工会を通じて小規模事業者向け助成事業を実施しました。本事業は、事業者が事業開始/再開の準備を整え、事業が軌道に乗ることにより地元卸・生産事業者からの調達や従業員の雇用が促進されるなど、地域経済への波及効果が生まれることを目的としました。

2011年11月、12月に商工会議所・商工会が助成を希望する事業者を公募して、審査を経て合計318件(陸前高田市80件、大船渡市238件)が採択となり、2012年4月までに全ての助成金の交付を終え、その後6月までに事業者の方にアンケート調査を実施しましたので、ご報告致します。

助成の対象

本事業は、小規模事業者(サービス業の場合は雇用人数5人以下)を主な対象として、事業再開のために購入した備品・什器、店舗の内装費用などを申請することができます。

DSCF2479.JPG
助成対象の魚屋のショーケース、棚など

DSCF1700.JPG
商工会議所にて公募・申請受付・審査・交付手続きを実施

アンケート調査

アンケート回答者の97%の方が、助成金は「とても役立った」「役立った」と回答してくださり、以下のようなコメントをいただきました。
■ 「自力再開が容易ではない中で、行政からの支援は全く期待出来ず、当支援助成はありがたかった。」
■ 「全てを失い頭が空白になり、何にも考える事が出来ない1年だった。商売を再開すべきか、やめるべきか戸惑いながら悩んだ。ローンもあり資金がなかったので復興支援は本当に助かった。ありがとうございます。」
■ 「工場が全壊した状況の中で、再建するにあたり資金面が厳しい状況だったので、助成金を頂き感謝すると共に、頑張る気持ちになった。」
■ 「個人経営者にとっては本助成に、ただただ感謝している次第。工場復興はまだ先だが、必ず復興させる事が、私にとっては、みな様(御厚情)に対しての恩返しと思っている。日曜、祭日なく、毎日工場に行く事が私の責任と感じ、一日でも早い復興を夢見ながら頑張っております。ありがとうございました。」
また加えて、「再開までの負担からして金額が少ない」「手続きが複雑だった」「もっと早く交付してもらいたかった」「車両が対象となっておらず、残念」などのご意見もいただきました。こうしたアンケート調査の結果は、今後のPWJの支援活動の参考にさせていただきます。
PWJは、引き続き被災地での復興を支援していきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について