ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2011.9.15

子どもたちが楽しい夏休みを過ごせるように

日本

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、夏休みに気仙沼市の子どもたちを楽しませるため、さまざまな活動を行いました。
7月28日には、赤岩児童館が主催した木工教室をお手伝いさせていただきました。

子どもたちは、木材を使ってトトロや蝶々など、自由に創作活動を楽しみました。8月10日に鮪立児童館にて行われたバーベキュー大会では、子どもたちがそれぞれ野菜などを持ち寄り、厳しい暑さの中、焼きたての野菜や肉をほおばりました。

110915_001.jpg 110915_002.jpg

写真左:子どもたちの作品、写真右:バーベキューのようす (C)PWJ

8月20日には、気仙沼市、大船渡市の少年サッカークラブチームを岩手県平泉町へ招待し、一関市と平泉町のチームと合同でフットサル大会を実施しました。フットサルは、すべてのチームを混成チームとして再編成して行われました。午後には平泉観光も行われ、「新しい友達ができた」や「久しぶりに家族で観光できた」など様々な感想をいただきました。
また同じく8月20日には、気仙沼市内の仮設住宅地集会所のこども夏祭りで、お化け屋敷を子どもたちと作りました。気仙沼市大島児童館では、8月25日に親子を招いて2冊の絵本の読み聞かせを行いました。子どもたちや、先生方にも楽しんでいただけたので、これからも読み聞かせを行っていく方針です。
また9月に入ってからは、古町児童館でznug design様による「ミニ四駆工作教室」を開催しました。 気仙沼市内の仮設住宅に設けられた集会所にて、三井化学様による「化学実験、スライム作り教室」も実施し、化学の不思議を体験でき、子どもたちは大変うれしそうでした。

110915_003.jpg

写真:フットサルイベントのようす (C)PWJ

また同じく8月20日には、気仙沼市内の仮設住宅地集会所のこども夏祭りで、お化け屋敷を子どもたちと作りました。気仙沼市大島児童館では、8月25日に親子を招いて2冊の絵本の読み聞かせを行いました。子どもたちや、先生方にも楽しんでいただけたので、これからも読み聞かせを行っていく方針です。
また9月に入ってからは、古町児童館でznug design様による「ミニ四駆工作教室」を開催しました。 気仙沼市内の仮設住宅に設けられた集会所にて、三井化学様による「化学実験、スライム作り教室」も実施し、化学の不思議を体験でき、子どもたちは大変うれしそうでした。

また同じく8月20日には、気仙沼市内の仮設住宅地集会所のこども夏祭りで、お化け屋敷を子どもたちと作りました。気仙沼市大島児童館では、8月25日に親子を招いて2冊の絵本の読み聞かせを行いました。子どもたちや、先生方にも楽しんでいただけたので、これからも読み聞かせを行っていく方針です。

また9月に入ってからは、古町児童館でznug design様による「ミニ四駆工作教室」を開催しました。 気仙沼市内の仮設住宅に設けられた集会所にて、三井化学様による「化学実験、スライム作り教室」も実施し、化学の不思議を体験でき、子どもたちは大変うれしそうでした。

110915_004.jpg
写真:化学実験のようす (C)PWJ

PWJは、今後も週末にさまざまなイベントを企画していく予定です。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について