ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2011.8.15

子ども支援、夏休みの「遊びの学校」を実施

日本

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、子ども支援の一環として、夏休みの「遊びの学校」を実施しました。

「遊びの学校」では、小・中学校が夏休みの間、避難所や仮設住宅で生活している子どもたちや、学童保育へ通っている子どもたちが、外で安心して思いっきり身体を動かし、ストレスを発散できる場所を提供しています。

7月28日から8月10日までの間、午前中は気仙沼市立気仙沼小学校、午後は気仙沼市立鹿折小学校の各グラウンドにて、二週間にわたり実施されました。プール教室の後に立ち寄る子どもたちや、学童保育に通う子どもたちが、身体を動かすゲームや、サッカー、ラグビー、野球などのスポーツをして、元気に遊んでいました。

110815_002.jpg
写真:身体を動かすゲームを楽しむ子どもたち (C)PWJ
110815_001.jpg
写真:パラソルのもとで小休止する子どもたち (C)PWJ

PWJは、子どもたちと創作活動を通して遊ぶ、アートキャラバンも同時に行っています。アートキャラバンでは、子どもたちが創作活動(うちわ作り)を楽しんだり、スポーツの後で子どもたちが休憩したり、お菓子を食べながら会話を楽しんだりしました。

110815_003.jpg

写真:アートキャラバンで楽しむ子どもたち (C)PWJ

PWJは今後、「遊びの学校」を発展させ、スポーツを通じて震災からの回復につなげる「みんなで前へ」プログラムを実施していきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について