ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2011.4.12

仮設住宅の入居世帯へ生活用品を提供

日本

PWJは、東日本大震災に対応し、宮城県気仙沼市、同県南三陸町、岩手県陸前高田市、同県大船渡市で支援活動を展開しています。

この度、岩手県内で建設されている被災者向け仮設住宅の入居世帯に対し、PWJがイオン株式会社のご協力を得て、生活用品(衛生用品や台所用品など)の調達と提供を行いました。

PWJは、岩手県庁と提供品目や対象世帯などについて調整を続けており、生活用品の内容は入居される方の性別などに合わせて選定がされています。

4月9日には、岩手県陸前高田市に震災後初めて完成した36戸の仮設住宅へ被災者が入居し、「すぐに役立つ生活用品が揃っていてうれしい」と喜びの声をいただいています。

【PWJが調達、提供した生活用品】
世帯共通: シャンプー、石鹸、バスタオル、洗面器、やかん、鍋、フライパン、救急箱、時計など
成人男性: 寝具、什器、下着、ジャージ、くつした、ひげそりセットなど
成人女性: 寝具、什器、下着、ジャージ、生理用品など
乳幼児:  寝具、紙おむつ、パンツ、シャツ、トレーナー、おしりふきなど

仮設住宅へ生活用品を提供

仮設住宅を視察するPWJ大西とPWJ備中

対象世帯数は、岩手県大船渡市で約2,000世帯、陸前高田市で約4,000世帯を想定しており、今後は釜石市の約5,000世帯にも提供する方向で調整しています。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について