ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2011.4.2

【中間活動報告】 -中長期的なサポート体制の構築へ-

日本

東日本震災に対応したPWJのこれまでの活動報告と、今後の中長期的な支援の見通しを示しました。

東日本大震災被災者支援にかかる中間報告(PDF)

今後の中期的な支援として、当面、ハード・ソフト面に対応した次のような事業を計画しています(現場のニーズや情勢の変化によっては、支援内容を変更することがあります)。

①仮設住宅入居者に対する生活用品の提供
岩手県が現在進めている被災者向け仮設住宅事業に関連し、PWJは仮設住宅に入居される方々に生活用品を提供する方向で、対象世帯数(10,000-20,000の見込み)や物品リストについて県庁などと調整しています。

②子どもの遊び場の提供と心のケア
子どもが保護者と一緒に遊ぶことのできるスペース(プレイルーム)の提供を検討しています。避難生活が長期化するなか、保護者の方が安心して子どもを預けられる場所を確保します。心理面のケアを目的としたプログラムも検討しています。

(写真:気仙沼の災害対策本部と会議を行うPWJ代表大西)
代表理事大西健丞

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について