ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2011.3.24

510台のストーブが被災地へ到着、寒さをしのいで

日本

PWJは東日本震災に対応し、宮城県気仙沼市、同県南三陸町、岩手県陸前高田市、同県大船渡市で支援活動を展開しています。
現在、避難所で生活する方々へ緊急支援物資の調達や輸送、配給を続けています。

被災地の夜はまだまだ寒さが厳しく、夜は毛布を重ねて、また借り物のストーブなどで夜を過ごす被災者がいらっしゃるとの現場からのニーズに応じて、PWJではストーブを510台調達、24日に現地に届けました。

ストーブを災害対策本部へ引き渡した際、担当者からは「これで寒い夜も暖かく眠れます、ありがとうございました」と、喜びの声をいただきました。

また、避難所となっている南三陸町歌津地区の活性化センターいずみに、ストーブ3台を直接届けに行きました。それまでは、借り物のストーブしかなかったこの避難所に新品のストーブを届けることができ、避難所で生活する方々にとても喜んでいただきました。

また、三井化学様より提供いただいたウレタンマットレスも24日、一関市と気仙沼市の境にある体育館の避難所へ届けました。
マットレスの積み降ろしをする際には、地元の中学生や高校生が率先してボランティアとして手伝ってくれました。

(写真:積み降ろしを手伝う学生たち)
ストーブと、三井化学様よりウレタンマットレス

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について