ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2011.3.12

【動画あり】ヘリコプターでPWJなどNGO5団体が現地視察、状況を確認

日本

PWJは、3月11日午後に発生した東北地方太平洋沖地震の被害が深刻なことから、現地で支援活動を開始することを想定し、複数のNGO団体の調査隊に参加し、空路にて現地視察を行いました。

3月12日12時、東京都内のヘリポートより、被災地である宮城県名取市周辺での支援を想定し、同地域へヘリコプターにてPWJを含むNGO5団体(特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン、公益社団法人Civic Force, 特定非営利活動法人ADRA Japan、特定非営利活動法人ジャパンプラットフォーム、特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォーム)が現地視察を行い、同日16時、東京ヘリポートに帰着しました。

名取市近郊の被災状況は、多くの家々が津波被害によって流されており、水が引いておらず壊滅的であったと、PWJ職員の柴田は報告しています。

そのため、予定していた着陸した上での被災地調査をとりやめ、上空からの視察にとどめることと判断をしました。
視察の際に撮影した動画は、You tube にてアップロードをしておりますのでご確認いただけます。

■NGO5団体、宮城県名取市に調査へ出動

■【東北太平洋沖地震】3月12日14時頃、宮城県名取市の被害状況

PWJでは、被災状況や支援に対するニーズを確認するため、慎重に今後の対応を判断する予定です。支援活動のため、PWJではみなさまからの寄付を受け付けています。

ご協力をお願いいたします。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について