ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

災害緊急支援

Readyservice

2019.11.20

【医療・レスキューチーム】ヘリコプターで、令和元年度中国ブロックDMAT実働訓練@山口県に参加

日本 災害緊急支援

10/26(土)、27(日)、山口県を幹事県とする令和元年度中国ブロックDMAT実働訓練が開催され、PWJからは医師1名、看護師1名、調整員2名、PWJのパイロット1名、ヘリ1機を派遣し、民間ヘリを使った患者搬送とDMAT隊員の搬送訓練、県庁災害対策本部内に設置されるヘリ調整部での航空運行調整訓練を行いました。


令和元年度中国ブロックDMAT実働訓練の様子

PWJのヘリコプターは、下記のミッションを行いました。
●PWJの看護師1名を乗せて、神石高原ヘリポートから防府北基地内に立てられたSCU(ステージングケアユニット:広域搬送拠点臨時医療施設)に移動。
●DMATの医師1名とPWJの看護師1名を乗せて、防府北基地SCUと山口県総合医療センターを往復し、山口県総合医療センターから患者1名を防府北基地SCUに搬送。
●DMATの医師1名と看護師1名を乗せて、防府北基地SCUと山口県総合医療センターを往復し、山口県総合医療センターから患者1名を防府北基地SCUに搬送。

ヘリ調整部では、下記のミッションを行いました。
●ドクターヘリ以外の自衛隊機、消防防災ヘリ、警察ヘリ、民間ヘリなどを使った患者搬送、物資搬送のためのフライトプランの作成、各種機関との調整

民間ヘリであるPWJのヘリを使って自衛隊基地や病院ヘリポートでの離着陸を行い、また患者やDMATの医師等を搬送できたことは、私達のとっても貴重な経験となりました。
今後の災害発生時には、今回の訓練の経験を生かして、他機関と連携したスムーズな救助・支援活動に努めてまいります。

【訓練概要】
●訓練名:令和元年度中国ブロックDMAT実働訓練
●主催:中国地区DMAT連絡協議会
●日時:2019年10月26日、27日
●場所:山口県庁、山口県内の病院、防府北基地
●幹事県:山口県
●想定災害:山口県中部で最大震度7の地震が発生

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について